台東観光グルメ立品有機茶園。鹿野といえば蜜香紅茶。立品有機茶園で蜜香紅茶を嗜む。

【2018年8月のお盆の旅行記14 8月13日訪問】

台東グルメの紹介です。

台東の土産というと、「蜜香紅茶」「紅烏龍」。

 

毎回、台北の支店「立品有機茶園」で購入しています。

価格は張りますが。

 

事前にHPを確認したところ、

台北支店は台湾美食フェスのため休業。

 

メールを送り、台東本店ではずっとやっていますとのことです。

 

というわけで、再び鹿野へ訪問し「立品有機茶園」へ!

鹿野本店に訪問するのは2年ぶりです。

 

↓ 鹿野の「立品有機茶園」です。

 

 

「立品有機茶園」へのアクセス

「立品有機茶園」への最も簡単なアクセスは、

バスで行くことです。

 

↓ ここでも台東バスステーションを利用します。

 

 

 

利用するのは以前の書いた記事、

鹿野高台へ行く時と同様、鹿野線です。

4番線から台湾好行「鹿野線」に乗ります。

 

 

 

 

時刻表です。

 

 

 

 

降りるバス停は、「永安社区」です。

必ずここで降りましょう!

 

降り忘れたら、高台まで行きましょう!

ここからバスで終点 高台へ行くのに10分程度です。

 

終点から折り返すため、このままバスに乗って「永安社区」で降りましょう。

 

↓ 降りるバス停「永安社区」です。

 

 

 

↓ 立品有機茶園の地図です。

 

 

 

2つの地図をみるとわかりますが、

バス停で降りですぐに立品有機茶園です。

 

地図ですと、立品有機茶園はバス停を降りて、

少し北へ歩いた曲がり角となっていますが、

バス停を降りたらすぐに芝生があります。

 

そこからすぐに立品有機茶園へ行けます。

立品有機茶園の様子

立品有機茶園はこんな様子。

緑に囲まれてます。

民宿もやっています。

 

 

 

いいですよね。

多くの茶園で民宿をやっているようです。

 

2週間以上の滞在なら、一度泊まってみたいものです。

いいなー。

オーダー

さて今回は台北支店の店員さんのお父様が応対してくれました。

 

英語や日本語は通じませんが、こういう時、

言葉は障壁になりませんね。

 

お店では試飲を沢山させてくれます。

まず茶葉の匂い。

蒸らした茶葉の匂い。

 

抽出液の匂い。

そして口に含む。

 

ゆっくり飲んでいると、味が違う事に気付きます。

蜜香紅茶でもいくつか種類があります。

 

↓ 店内です。

こちらの商品が高いグループ。

 

 

 

他にもグレードが低いシリーズがあります。

値段が手ごろなTパックもあります。

 

でもやっぱり香りや口に入れたときの風味が違います。

店内では多分、飲食もできるんだと思います。

 

 

 

お茶の説明もあります。

緑の虫は「ウンカ」です。

ウンカなくして蜜香なしです。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、蜜香紅茶と蜜香紅烏龍をそれぞれ100グラムずつ購入。

しめて3000元です。

 

日本円に換算すると大体11,000円程です。

それなりに価値があると思います。

 

本当はもう1品買いたかったのですが、

お金がホテルに置いてあったので残念。(カードは使えません)

 

お土産には勿体ない値段です。

自分用に買いましょう。

 

 

 

確かに高価です。

しかし、お湯を注いだ時の甘美な香り、口に含んだときの甘み、

やはりその幸福感に勝るお茶は今のところ出会えていません。

 

茶葉にお湯を注いだ時の香りに圧倒されます。

 

ウンカという虫が作りだすという仕組みが、

とても不思議に感じます。

そして抽出されたブラウンが美しい。

 

普段の食事にもおすすめです。

そして、ヒノキの精油。300元です。

 

 

 

防蚊対策の体に塗るタイプも売られていました。

ここでは精油を購入、

台湾ではよく駅などの出店でも、

ヒノキの精油やスプレーなどを目にします。

 

きっと虫よけなんだと思います。

アロマを炊くのであれば、

こちらの精油もおすすめです。

 

これで日本でも台湾の香りを楽しめます。

まとめ

台東に来た際には、鹿野の立品有機茶園まで行きましょう。

台湾好行線に乗れば、簡単です。

 

そのまま鹿野高台へ行ってもいいですしね。

 

お金に余裕があれば、

「蜜香紅茶」「紅烏龍」「蜜香紅烏龍」を買いましょう。

きっと満足できると思います。

 

さてこの後は、タクシーで「関山」へ行きました。

次回また記載します。

 

台東観光グルメ立品有機茶園。鹿野といえば蜜香紅茶。立品有機茶園で蜜香紅茶を嗜む。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 橋本 純 より:

    遠藤様
    立品有機茶園の情報、参考にさせていただきました。有難うございます。
    この年末、初めて台湾東部を回る予定で、台東で泊まる宿を探してます。他の茶宿は条件が合わないので、ここに泊まってみようと思っております。
    お茶の質問ですが、貴妃茶と密香烏龍茶はどう違うのですか?貴妃茶と東方美人は飲んだことありますが、密香烏龍茶は未だ飲んだことがありません。また、鉄観音やいわゆる台湾茶でも、焙煎が効いている茶色いタイプのも好きです。これらに似ているけど独特のお茶かな、と期待をしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です