旅行には持っていかない方がいいものこれだ。

5月に行った16日間の台湾一周では、羅東から時計周りをしました。

がさばる着替えも持参したのは3日分であり、

前半は、出来るだけ身軽での行動を予定していました。

 

東部では物欲をできるだけ抑えて、抑えて。

東部前半に購入したものは、立品茶園の蜜香紅茶数種類くらいかな?

 

そして3日間滞在した台中で、お菓子をワンサカ購入。

今回は台北でも久しぶりに焼菓子屋さんへ行きました。

 

さて、僕は毎回、かなり大きめのバゲージ、ボズトンバックを持っていきます。

 

しばしば、お菓子や台湾の食材、文具や書籍、

台湾でしか買えない洋服などを買う為。

そりゃ、重いです。

 

だから洋服も最低限しかもっていきませんが、

毎回持って行ってガサバル物があります。

 

ガイド本です。

僕は毎回、台湾現地で台湾の旅行本を購入し、

次の旅行の時に持参しています。

でも日本からガイド本を持参する事は、極力控える事をオススメします。

現地のガイド本

情報収集は現地で購入した本で

毎回必ず台湾の本屋さんで、台湾のガイド本を購入します。

 

日本の観光本とは異なり、

現地の若い人の流行や人気のお店、

最新のクリエイティブな店主のお店

地元で人気があるお店

歴史がある老舗のお店 などなどが記載が。

 

中国語はわかりませんが、そこは雰囲気でカバーです。

まだ、QRコードが記載されているガイド本もある為、

非常に便利なガイド本も。

 

価格は300元から高くても400元しません。

日本円で1,000円程。

 

事前に情報収集するには、非常に便利。

僕は現地でカフェや洋菓子屋、パン屋や雑貨屋、

日本の料理のお店に入るのが好きなので、かなり重宝しています。

 

また、花蓮や台東、屏東、またまた宜蘭や南投、台中など、

それぞれの地方の本があり、とても情報量満載。

 

事前の情報収集には便利ですが、

実際に旅行に持っていくのは、今後はちょっと考えようと思います。

意外と現地でガイド本を見ない

以前も同様の事がありました。

意外と旅行中は、観光本を見ません。

 

毎回、事前に情報収集した先を、Googleマップにマークします。

また、EvernoteやDropboxに記録しています。

(こんな事にEvernote等を使っています。)

 

で、それで十分でした。

意外にガイド本を宿で読むことはせず、

事前の情報だけで自由に行動したため、2冊持参した本は、

単なる荷物に。

 

勿論面倒くさいので、道端で本を広げたりも、ぜんぜんしません。

重さがあるので、バックに入れて行動する事もだるいですしね。

実際の行動時には、重さがある本よりも、スマホの方が当然便利です。

 

また今回も現地で新たに3冊本を買った為、

更に荷物は重く。。。

帰国時、カウンターで預け荷物を図ると、26キロになっていました。

 

今回は特に、日本から持参したガイド本は見ませんでした。

台東滞在時、台南の本を購入し、それを見ていた程度です。

 

お店などは歩いて適当に入る方が面白く、

何となくここの街に行こうと決めたら、

後はのんびり思うまま歩く方が、楽しかったりします。

 

1人ならではの行動の自由度の高さが、そうさせるのだと思います。

太麻里

ガイド本はこんな場合に使おう

それでも現地で購入するガイド本は、

情報量が少ない場合、非常に有効に作用します。

 

例えば、東部の自然が多い地域へ行きたい場合です。

富源、富里、鳳林、鹿野、関山、寿豊辺りは、とっても自然豊か。

また、太麻里や知本は有名な美しいスポットや温泉が。

花蓮の瑞穂にも、温泉があるんですよね。

(怖くて行けませんが。。。)

 

さて、そんな自然豊かな場所へ行くには、

日本のガイド本では制限があります。

また、電車で気楽に!ってわけにもいかず、

タクシーで!なんていったらいくらかかるかもわからず。。。

 

そんな時は、ぜひ現地で購入したガイド本を持っていくのが有効。

 

自然が豊かだけど、なんだかよくわからない場所、

行き方や帰り方もわからない場所、

そんな時、きっと役に立ちます。

 

また、ガイド本が必要であれば、現地で購入して、

それを利用しながら旅行をしましょう。

 

情報量であれば、確実に現地の本の方が多いと感じます。

まとめ

観光本って重さがあるので、持っていくにはガサばります。

スマホなら場所もとらないのでいいのですが、

いかんせん、見にくいんですよね。

 

山や海など自然豊かな地域へ行く以外の、

都市部や街を中心の観光であれば、

観光本に任せるよりかは、適当にフラフラする方がベターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です