台湾で果物を買う編その2。花蓮で果物を買うなら重慶市場周辺が最適。

台湾で果物を買う編の2回目です。

今回は花蓮の市場の代名詞の重慶市場周辺。

 

有名な重慶市場の中にも果物屋さんはありますが、お手頃にザ・台湾フルーツを購入するなら、

重慶市場近くに広がる果物屋さんがお薦め。

 

広い道路にこんなトラックが並ぶこともあり、果物の匂いがぶんぶんしてきます。

 

 

重慶市場の場所

重慶市場の場所は街中心からはちょっと歩きますが、大した距離ではありません。

市場まで行けは、ずらりと道に果物屋さんが並んでいるので、迷うことはありません。

 

朝はせっかくなので、果物を食べましょう。

早めに起きて買いに行ってもよし。

 

翌日に食べるのであれば、お昼過ぎに行ってもぎりぎりやっています。

夕方前にはお店は締まっていますので、新鮮な果物を購入するなら朝です。

 

 

果物屋さんはこんな感じです

 

グアバ1つ10元って、安いっすよね。

食べごろのグアバって、あっさりしていて美味しい。

台湾のレモンも、生絞りにしてはちみつ入れるとホントスッキリとしたジュースになります。

 

 

こんな感じにいろんなお店が果物を並べます。

どこの店で買おうか迷ったら、お!美味しそう!

って思った時に買いましょう。

 

そういう直感って、大体あたりです。

 

 

 

このドリアンは輸入かな?

 

 

 

きました!

ドラゴンフルーツが4つで100元!

マンゴーも600グラムで59元です!

これは台北では無理な価格ですよね。

 

 

もの凄く食べごろのパインが並んでいます。

黄色でとてつもない香りがします。

 

こんなでっかいパインが4つで100元。

いつも買おうと思うのですが、これを食えって大変ですよね。

こんなでかいの食べたら、マンゴーやドラゴンフルーツがお腹に入りません。

 

でもいい匂いなんですよね。

パインのお尻から、甘い匂いで心が震えます。

 

 

そしてパッションフルーツです。

これも毎回購入します。

この赤いネットに10から13個くらい入っているんですよ。

それが50元なんで、日本円で高くても200円程度です。

 

日本でパッションフルーツを買おうものなら、200円では1個も買えません。

パッションフルーツは毎回かなり購入してホテルで食べます。

 

あの強いオレンジ色の果汁が、美しくて何個でも食べれます。

熟睡のフルーツと言われていますので、ぜひ購入を強くお勧めします。

 

 

みかんのとなりにドラゴンフルーツ。

こういうコントラストを、色とりどりっていうんですよね。

 

 

台湾バナナです。

かなり甘いっすよ。

で、一房に8本から10本もついていて1房25元くらい。

 

いいすよね。

果物って色が綺麗で本当に癒されます。

バナナも香りがいい匂い。

 

鼻を近づけてマジマジ匂いを嗅いでいたら、お店の人が切ってくました。

ねっとりした甘さで心が満たされます。

 

 

まとめ

今回は花蓮の果物屋さんのお薦めストリートの紹介でした。

果物はやっぱり現地で購入が一番!

 

学生4,5人で旅行なら、ぜひパイン、バナナ、パッション、マンゴー、ドラゴンフルーツ、グアバを買いましょう。

きっといい思い出になると思います。

 

花蓮で果物を買うのなら、重慶市場周辺がお薦めです。

最新の税務記事

2019.07.12二世帯住宅の敷地を相続した場合の小規模宅地の特例

今日の言葉

Be confident:自信をもつ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です