台東観光グルメ阿成壽司。台東市内でローカル寿司屋へ行くなら花寿司が美味しい阿成壽司。

台湾料理!というと、まず思い浮かぶものが、なぜか上海料理である「小籠包」。

確かに小籠包はお店ごとに様々で、本当にとっても美味しい。

でも、僕が台湾旅行の都度、必ず訪問する店は「寿司屋」です。

 

寿司屋というと、ファストフード的なお店から立派な佇まいのお店と様々です。

しかし、せっかく台湾で寿司を食べるなら、ローカル感漂うお店がいいですよね。

 

2019.05に訪問した台東のお寿司屋さん阿成壽司」は、ザ・台湾食堂です。

↓ 外観です。

お店の青い看板が、寿司屋っぽいくいい味だしています。

 

 

阿成壽司 基本情報

住所は台東市福建路181。

南北餃子館や王子麺店など、美味しいお店のが連なる交差点の側です。

↓地図です。

お店の中はこんな感じです。

半月から一カ月くらい旅行していると、

こんな風景が当たり前になり、高級なレストランは落ち着かなくなります。

 

店内にはお寿司屋さんらしく、至る所に魚の絵が。

結構ねんきが入っており、歴史あるお店なのでしょう。

 

 

 

メニュー オーダー

メニューです。

紙に書いて、入り口へもっていきましょう。

そして僕は先にお会計しましたが、後払いでもいいようです。

 

さて困ります。

いわゆる握りがどれかわかりません。

魚の串焼きもあるんですね。

 

そういえば、花蓮でお寿司を食べた時も、串焼きや丼ものがありました。

高雄の寿司屋でも、おつまみ、丼もの、焼き物など、一通り揃っていました。

台湾のお寿司屋さんが、そういた品揃えが普通なんですね。

 

 

 

あっ,こっちが握りなんですね。

でも、小菜や炒飯もあるし、あまりお寿司にこだわる必要はないかも。

炒麺も美味しそう。

でもここはお寿司を食べます。

 

 

そしてオーダーを間違えたのか、巻き寿司セットが2皿。

でも台湾の巻き寿司って、綺麗で僕は好きです。

こちらは総合寿司。

総合というので握りだと思いきや、巻き寿司だったのですね。

 

 

お稲荷さんは甘めです。

お米は餅っとしていておいしい。

 

ええ、日本のチェーン店より断然美味しい。

これで80元だから、断然お得。

 

台湾でよく見かける肉粉がトッピングされており、すし飯とよく合います。

かんぴょうもなかなかしっかりした味付けです。

 

 

そして花寿司80元。

ええ、総合とほぼ同じです。

 

屋台でもよく見かけるこの花寿司。

巻き寿司ですが、海苔の代わりにピンクと黄色のふりかけ的なものがまぶされています。

 

中の具材といい、決して派手でインパクトがあるものではなく。

どちらかと言えば、家庭料理に近いのかもしれません。

 

でもその素朴さが、この太巻きの魅力です。

キュウリ、肉粉、卵、かんぴょうと、普通と言えば普通ですが、

台湾でも日本で食べるように、ホッとする太巻きを食せます。

 

1人にしてはやや良が多かったのですが、

太巻きを1人嗜むのもいいのかもしれません。

 

 

なお、店内ではオムライスを食べている方が沢山いました。

しかし、メニュー表の中でどれがオムライスかわからず。。。

次回、他のお寿司屋さんへ行くときは、事前に調べておきたいと思います。

まとめ

台東市内には、チェーン店のお寿司屋、小綺麗なお寿司屋さんがいくつかあります。

人にもよりますが、僕は断然ローカルチックなお店の方がおススメです。

価格が安い理由もありますが、やはり現地の方の日常を、

垣間見ることができる風景がおススメです。

最新の税務記事

2019.09.12 開業前に事業収入がある場合の所得税確定申告の方法と注意事項

今日の言葉

ゆずれなもの: It is a must for me

これのパソコンはだれの?:这个是谁的电脑? ピンインはzhè gè shì shéi de  diàn naǒ ?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です