夫婦喧嘩後は相手を繋ぎ留めておこう

昨日台中で、モグモグ小籠包を食っていたら、

嫁から電話が!

 

ええ!何!?妊娠でもしちゃったのかしら!?

やばいじゃん!オレガンガン働かなきゃ!

とビビってました。

 

「お前は一体、いつ帰国するんだ?」

「世の中は仕事はじめたよ。あほか」

といった酷い言葉が。。。

 

そういえば、帰国日を伝えてませんでした。

 

「9日だよ!もうすぐバカンスも終わるよ。」

と告げたところ、絶句され、

新年早々、夫婦喧嘩をしてしまいました。

 

夫婦喧嘩をした場合、どちらが先に謝っていますか?

 

夫婦喧嘩は謝るが勝ち

今までにも、何度か僕は喧嘩をしたことがあります。

 

ええ、10年間付き合って、昨年初めて一緒に生活を始めたので、

慣れない部分はお互い相当ありました。

 

喧嘩をした場合、大抵は僕の方から誤ります。

 

その方が、誤られた方が、口に出せない罪悪感、

「こっちも悪かった、言い過ぎた。」

的な心境に陥るため、後々優しくしてくれるからです。

 

ええ、12月は僕がティッシュ切らしてしまい、

購入する事を忘れただけで怒られました。

 

健康な青年男子なら、そりゃ、ティッシュは毎日使うでしょうよ。

(オレだけ?)

 

でもそんな時も、ぐっとこらえて、僕の方から謝罪します。

最も怖い時間のすれ違い

夫婦喧嘩は、まだお互いの気持ちのぶつかり合いがあります。

しかし、残念なことは、時間的なすれ違いです。

 

お互い時間が合わないと、顔を合わせる機会がなく、

気持ちがどんどん離れていくことに。。。

 

お互いが無関心になり、相手に何も思わなくなった。

という理由で、別れる夫婦も多いようです。

 

それは決して、嫌いになったわけではなく、

関心がない、関心自体薄れてしまったとのことのようです。

 

好き、嫌い、むかつくというのであれば、

また自分の感情がこもっています。

 

しかし、相手に対する思いが全くなくなってしまった時、

一緒に生活をする意味自体が、崩壊してしまようです。

 

イジメに代表される、無関心、スルーということが、

人間との関わり合いで、一番怖いのですよね。

とにかく話す、顔を合わせる

僕の嫁は朝早く出勤したり、夜遅いことも。

僕がグースカグースカ寝ていて、目を覚ますと既に出勤していたり。。。

 

ええ、もはやヒモ状態どころではない僕なんですが、

時間的なすれ違いが1日でもあった時、

絶対に顔を合わせたり、お互い話す時間を即座にとります。

 

だってさ、人間の気持ちなんて、すぐに変化するじゃない。

僕も学生時代、付き合って、失敗して、また付き合って、失敗して。

 

その繰り返しで、全く成長がありませんでした。

 

僕は気づくのが遅かったことは、お互いの関係を強固にすることは、

相手の気持ちを、どう繋ぎとめておくかという事です。

 

人の気持ちは絶えず変化し、変わっていきます。

だから不安定な糸を、どう強固なものに変えていくか?

 

そこが腕の見せ所だそうです。

そしてその方法は、人によってそれぞれ。

 

また、お互いの関係性によってもそれぞれ

(これは僕の言葉ではありません)

 

せっかく縁があって一緒になったんだから、

がっちり繋ぎとめておこうと思います。

まとめ

とりあえず、嫁にはお土産をワンサカワンサカ。

僕は男の割には、ショッピング大好き。

だから美味しいもので誤魔化します。

 

そして自分の確定申告をやる必要がある事に、

今気づいてしまいました。

 

今日は朝から新幹線で新竹へ行き、バスで北鋪へ。

1人でライチャを体験し、東方美人を購入。

 

なぜかお店の人が、写真をとってくれました。

明日は午前中に台中から台北へ移動。

明日も昨日と同様、再び買い物を楽しみます。

 

 

最新の税務記事

2020.01.04被相続人の死亡後に受け取るがん保険の入院給付金の課税関係

 

今日の一言

smart:賢い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です