東港観光グルメ福海鮮代客料理。華僑魚市場でザ・観光するなら広々した福海鮮代客料理がおすすめ。

2019年11月末の訪問時のお店の紹介です。

この時の東港は3回目の訪問。

 

今までは1人でしたが、この11月末は嫁と一緒に。。。

嫁は屏東県をじっくり観光するのは初めてだそうです。

 

そこで東港に来たら、ぜひ一度は楽しみたい華僑魚市場。

過去に一度投稿しています。

☞ 2019年11月2日 屏東の港町で魚を楽しむなら東港の華僑魚市場。新鮮な魚介類が並ぶ南部最大の漁港。

 

そして華僑魚市場で飯を食うのなら、1人でも入りやすい、

広々した「福海鮮代客料理」がおすすめです。

 

 

↓外観です。

 

 

 

華僑魚市場 基本情報

華僑魚魚市場の住所は屏東縣東港鎮朝隆路39號。

東港へ来たら、まず迷う場所ではありません。

 

 

↓ 地図です。

 

 

 

魚市場って観光客向けですよね。

僕の地元、静岡でも、焼津や清水の魚センターには、

地元の人はあまり行きません。

 

わかってます!

観光客向けであっても、魚市場の賑わいは、

やっぱり楽しみたいものです。

 

メニュー オーダー

メニューです。

以前も紹介した写真の一部です。

 

観光客向けの為、なかなかのお値段ですが、

ここは嫁と一緒なので、ケチるのはやめておきます。

だってさ、嫁の方が超過累進税額高いから。。。

 

 

 

なぜか嫁は、烏賊のフライを。。。。

オレはカラスミが食べたかったのに。。。。

 

でもケンカになるので、こういう時は文句を言うのは止めましょう。

(つくづく旅行は1人旅がいいと認識しました。)

 

でもね、香辛料が効いていて意外にガツガツ食べました。

玉ねぎやパクチー、唐辛子の付け合わせがいい触媒効果に。

 

プリっとした烏賊フライは、白いご飯が欲しい。

ガリーックが効いている為、余計な調味料は不要。

 

ソースなんざ要りません。

そのままの味を楽しめます。

 

ただし、大皿で運ばれてきたので、かなりの量が。。。

 

 

 

海鮮炒麺です。

海鮮は麺に紛れています。

 

少し海鮮の具材が少ないかな?とも感じましたが、

麺から染み出るソースには、魚介類の旨みがたっぷり。

 

これはパスタに敢えてもおいしい。

濃縮された魚介類独特の旨みが表れています。

 

お野菜も魚介のソースと合わさると、

豪快な味に変化しています。

 

あまったソースに烏賊のフライを付けても美味しい。。。

 

 

こちらは牡蠣のスープです。

ちょっと底に牡蠣が埋まっています。

 

でっかい鍋で運ばれてきたので焦ります。

お玉をかき混ぜると、小ぶりの牡蠣牡蠣牡蠣。

 

やっぱりオーダーの量には注意です。

 

スープは台湾らしく、あっさりとした塩味と素材の旨みが中心。

油分が多かったメインの後には、

あっさりとしたスープで体を癒しましょう。

 

 

 

お値段は550元でちょっとお高いですが、

大皿で提供されたことを考えれば、お安い方だと思います。

 

1人、2人よりかは、家族連れでの訪問がいいかもしれません。

 

まとめ

今回は華僑魚市場の福海鮮代客料理を紹介しました。

 

華僑魚市場は観光客向けですが、新鮮な魚介類に賑わう市場は、

ぜひ一度訪問しておきたいところです。

 

桜エビのふりかけ、マグロのふりかけ、カラスミなど、

お土産にはピッタリの商品も沢山ならびます。

 

福海鮮代客料理は家族連れのでの訪問がいいかもしれませんが、

広々していて1人でも気軽に食事ができます。

 

市場内の飲食店は、どこもそれ程値段は変わりません。

密集したお店より、気が楽かもしれません。

 

華僑魚市場でランチをするのなら、福海鮮代客料理がオススメデス。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です