台湾 台北観光グルメ名店。豆花荘。ザ観光でも有名。

【2018年8月のお盆の旅行記26 8月16日訪問】

台北のグルメの紹介です。

台北というといろいろな有名店がありますよね。

国内線の乗り継ぎや帰国便で宿泊する際、

いつも寧夏夜市の側のホテルを利用します。(なんとかスイーツです)

ここら周辺には、昔ながら+新しいものが合わさっていて、

観光にはもってこいの場所です。

さてそんな場所にある老舗の豆花のお店です。

お店の名前は「豆花荘」です。

日本のガイド本にものっているでしょう。

↓ 名刺です。

名刺 表

名刺 裏

 

豆花荘 基本情報

住所は台北市大同區寧夏路49號です。

地図です。

ここら周辺は、歴史あるデリカッセンのお店も多いです。

おいしいお店も多いので、利用してみてもいいと思います。

ただし、1人では少し勇気がいるかもしれません。

でも台北なんで、店員さんも慣れていらっしゃるけどね。

お店のカウンターです。

豆花荘 カウンター

初めて行く豆花のお店で、メニューが良くわからない!

そんな時は、最もシンプルな豆花か、最も値段が高いものをオーダーしましょう。

メニュー 品

名刺を開くとメニューになっています。

またお店の外にも大きくメニューがあります。

メニュー1

メニュー1

メニュー2

花蓮や台東と比べると、やや高めです。

オーダーはレモン氷の豆花です。

豆花荘

この日は朝の飛行機(9時半着)で、花蓮から台北に来ました。

そこからずっと歩いていて、すごく疲労。

なのでクエン酸が入ったレモンをオーダー。

レモン感が強いです。

酸味で豆花の味が若干、かき消されますが、

大きく疲労している時には、ナッツや小豆などのトッピングより、

レモンの方がいいかもしれません。

まとめ

大同區寧夏路周辺は、古さと新しさが混じっています。

5年ぶりにテキカ街に行ったら、永楽市場が新しくなっていました。

古いものがリニューアルされていくと、昔がよかったという人も中にはいるのでしょうね。

きれいで観光客向けのお店もとても増えました。

代わりに、10年前に感じたちょっとドキドキする感じは薄れました。

でも活気があることは、いい事ですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です