女性が入りやすい店に行く。女性が入りやすい店は男性にもメリットがある。

今更ですが、地元のグルメ雑誌を読んでいると、

女性が入りやすい店

女性でも1人で入りやすい

といううたい文句のお店があります。

男性が入りやすい店はありません。

何故「女性ばっかり?」とは思いますが、

このうたい文句には賛成です。

そういうお店を目にすると、試しによく入ります。

女性っていいなあと時々思います。

さて女性が入りやすい店ってどんなお店でしょう?

easy to women

女性が入りやすいは男性にもメリット

女性が入りやすい、女性が一人でも入りやすいお店は、

女性が沢山いる、女ばっかりの店というわけではありません。

 

休日は1人で外食へ行くのが好きなため、できれば1人で入りやすい店を選びます。

まあ、当然ですよね。

 

「女性が入りやすい」という表現は、

綺麗なお店、静かで落ち着けるお店という表現を表すのに非常に便利です。

大抵、これらの表現のお店には、同時に男性にもメリットがあります。

 

静かで綺麗で落ち着けるからです。

全てに当てはまるわけではありませんが、

ゆっくり食事したい時ってありますよね?

でも、ガヤガヤうるさい、店内が騒がしく落ち着かない!

これではゆっくり食事もできません。

 

そんな時、女性が入りやすいというフレーズに注目です。

そういうお店は大抵の場合、1人で入店しやすいというメリットもあります。

merit to men

メリットには乗っかるが楽

何だよ!女性女性って!

男だって入りやすい店がいいし、レディースランチ食いたいし!

と思うかもしれません。

 

でもそこは、素直に「女性が入りやすい」に乗っかればいいのだと思います。

別に変に揶揄せず、一緒に楽しめばいいのだと思います。

 

そういうお店に入るのって、楽しいですよね?

店内も変に凝っているわけでもなくて、シンプル。

PC,読書、勉強をしにお店に訪れるのではなく、

何事もせず、ただゆっくり食事をしたり、コーヒーを飲んだり。

 

今ではカフェや飲食店で、パソコンをパチパチしたり、

読書や勉強するのは当たり前です。

 

しかし、できれば何も考えたりせずに、

ゆったりと食事ができるお店がいいですよね。

vogue

まとめ

レディースランチって、男もオーダーできるんですよね。

女性が入りやすい店で、レディースランチをオーダーします。

意外ですが、男がレディースランチをオーダーしても、

ほとんどのお店の店員さんは、いたって普通です。

まあ、でもいつもレディースランチと発する時は、

税理士試験のようにドキドキするのですがね。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です