勤務税理士の思案10。保守主義な生き方はしない。

この6年程、年末年始は海外で過ごしています。

仕事納めの日に、そのまま旅行に、出発。

 

1年の反省もしません。

新年の抱負も抱きません。

 

大掃除だって、毎日コツコツすればしなくてすみます。

 

何より振り返りとか、抱負なんてめんどくさ。

 

↓ 元旦  台東にて   オレです

 

僕の親父、実家の近所の酒屋、魚屋、花屋。

みんな僕が子供の時から、立派に店を営んでいました。

子供の時、みんなでっかい頼もしい大人でした。

 

個人事務者の仕事に対する思いは、

彼らの生き方そのものだと感じます。

 

僕は個人的な事情、体の事情により、

父親と母親、子供という一般的な家族は

形成出来ません。

 

しかしその代償として自由があります。

一方で、自由の代償として、孤独というものもありますが。

 

僕は石橋を叩いて渡る生き方は嫌いです。

保守主義の原則は嫌いです。

チクチクめんどくせーのは嫌いです。

 

自分が子供の時に感じた、頼もしい大きな事業者になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です