会社を辞めてほぼプータローになって気付く事。人生っていろいろっすね。

最初は同じ志だったのに、今はお互い別々の道という話はよく聞きますよね。

先日、僕のお別れも兼ねて、銀行勤務時代の同期と飲みに行きました。

同期と言っても、僕はあまり大勢でワイワイは苦手なタイプの為、

転職後も連絡を取っていた2人だけですが。

 

今でも鮮明ですが、14年前の4月、僕らは同じ会社にいたのに、

今は3人とも別々です。

(僕だけ36歳にして、ほぼプータローですが。。。)

 

あまり良い言い方ではありませんが、人の職業遍歴って時々面白く感じます。

日本では圧倒的に1つの会社に勤務する人が多いのに、

わざわざ大きく環境を変えてまで、路線変更をするなんて。

 

僕らはなぜ枝分かれをしてしまったのでしょうか?

 

 

人生はみんないろいろ

僕らは今年で37歳になり、一般企業で取り返しがつかない失敗をしなければ、

それなりの役職についている年齢だと思います。

事実、今でも銀行に勤務している同期は、役職についています。

1つの会社で懸命に頑張るという事、役職まで登り積める事は相当の努力が必要であり、

それが出来なかった僕にとっては、彼らは本当に素晴らしいと感じます。

 

今回一緒に飲みに行った中の1人は、昨年銀行から税理士法人へ転職しました。

当然、長年勉強してようやく取得した資格ですが、賞与を含めた給与体系で考えると当然、

銀行 > 税理士業界 です。

転職を知った時には、非常に驚きました。

 

僕の友人には他にも、

・農協    → 警察官

・金融機関  → 教員

・研究職   → 警察官

・エンジニア → 介護職

・洋菓子店  → 僧侶 ( ←なぜ? )

・医者    → 農家 ( ←医者の方が儲かるのに )

などなどいましたが、人生どこで道を変えるかわかりません。

 

僕らのように、入社前研修で「さあ!これから頑張ろう!」

とみんなで結束していたにも関わらず、今はみなさん結構別々です。

 

そしてそれ程周囲に相談することはせず、案外あっさり退職していきます。

勿論、そのあっさり感に到達するまでには、自分自身の中において、

乗り越えなくてはならない大きな障壁があるのですが。。。

 

ただ、その障壁が一旦取り払われたり、又は乗り越えてしまうと、

自然と後ろを向くような事はしないのですね。

 

他人を傍観していると、何が路線変更をさせたのか?

とても興味深く感じますが、自分自身も同様であるように、

みなそれぞれドラマがあるんだと思います。

血が通っていなかったのは自分

ここ2日間は、以前より興味があった街中のワーキングスペースで、

500円/日のドロップインを利用しています。

昼食時、静岡の街中でお弁当を食べていると、

なぜか2日間とも、市役所の公務員友人とバッタリ会ってしまいます。

(ここの所、なぜかそういった事が多いです。)

 

そして彼らから放たれます。

「えっ!仕事辞めたの?なんで!?」

 

今まで2回転職しましたが、新しい職場を見つけるまでは、

「一体、この先どうなってしまうのか?」

そればかり考えていました。

 

僕は転職による空白期間は数日のみ。

2回とも次の職場へは3日から5日程度の期間でしたが、

それでも職に就いていないときは、たった数日間だったのに、

自分が社会から外されているような気がしました。

 

その頃と比べると、今はよっぽど無謀な状況であるにも関わらず、

不思議なくらい危機感や閉塞感、空虚感がありません。

 

街中のお店って、土日は営業していないお店って意外と多いんですよね?

休日とは全く異なった街の雰囲気、人の流れや表情、吐息や会話、

光の反射や街の香り、行き交う人の年齢層、休日と異なる騒音や肉体労働。

 

血が通っていなかったのは、他ならぬ僕自身だったのかもしれません。

他者との比較は意味がない

36歳になり、大学の友人、銀行の同期と話していると、

やはり給与の話は自然に発生します。

役職となると、それらりの給与をみんないただくんですよね。

 

20代でいくつかの会社へ出向し経験を積み、今では重役を任されたり。

海外へ経験を積み、帰国して日本でバリバリ生かしたり。

念願のパイロットになり、国と国を異動したり。

 

自分が20代の時は、どうしても他者と比較してしまう事がありました。

金融機関にいた時は、

「あいつが○○千万貸出したから、俺もやらないと。」

「あいつのボーナスは自分より多い。他人のノルマ達成が気になる。」

転職してからは、自分の給与水準が、同年齢や他の事務所と比較したり。

 

若い頃のあるあるなので、仕方ありませんが、

いつの頃か当時のような比較対象の想いはなく、

単純に頑張ってるなーという思いだけになりました。

 

僕が年齢を重ねただけかもしれませんが、他人との比較が意味がない事に気付くのは、

ある程度の時間が必要だと感じます。

 

自分が路線変更を幾度かしたり、そこでいろんな思いをして、

自分以外の他人の路線変更やその思いを知るようになり。

 

他人と比較をしなくなると、本当に人生いろいろだなと感じます。

まとめ

表向きは、みんなあっさり退職を決断するように見えます。

ただ、だからこそ後ろは向かないのかもしれません。

 

さて、飲み会を開いてくれた同期からは、

なぜか全くおめでたくないのに、お祝いをもらいました。

「あれ?ほぼフリーターの俺に気を使ってる?」

とも思いましたが、実は単純に嬉しかったりもします。

そういう嬉しさを前面に押し出せるほど、

僕はまだ大人ではないのですね。

 

このお祝い金は、彼が独立する時までこっそりとっておこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です