年収850万もないから自分には関係ないではなく、当事者として考えてみよう。

最近ネットのニュースで、年収850万円超のサラリーマンの増税の悲鳴を目にしました。

改正内容自体は平成30年の税制改正ですが、適用が2年後の来年1月に迫り、

確実な増税に頭を痛める方も多いと思います。

 

給与所得控除10万縮減って、大きっすよね。

僕はずっと最低税率でしたが、市民税合わせて15,000円増税されたらムカつきます。

 

当事者の人にとってみれば、本当に心苦しいものです。

なんで850万!?っていう嘆きはもっともです。

 

しかし、一方でこんな声も聞こえます。

「自分には関係ないや。」

「そんだけ貰っているならいいでしょ。」

 

会社員だった時、僕も同様に考えていたのかもしれません。

僕の年収の2倍以上の数字なので、全く想像できなかったからです。

 

理想論を振りかざすつもりはありませんが、本当に「豊かな社会」を望むのであれば、

「自分には関係ない。」という感覚は、確実に省みなくてはいけないんですよね。

painted by Ryusuke Endo

消費税アップは誰もが騒ぐのに

消費税アップは誰でも嫌がると思います。

ええ、僕も嫌です。

軽減税率がどうのとか、区分経理がさあ!とか税金ライクに興味はありませんが、

モノの値段が上がるのは家計に直結しますからね。

 

ジョイだったり、ナノックスだったり、レノアだったり、キッチンペーパーも、

毎日使うものって、とてつもない金額になります。

ええ、日用品だって軽減税率してください。

 

 

個人事業主であれ、会社員であれ、会社の役員さん社長さんであれ、

誰もが一般消費者である以上、消費税の支払いをします。

だから消費税10%実施されるかどうかには、大きな興味があると思います。

 

しかし、「年収850万もないからうちには関係ないや!」

と自分にふりかからない事を、切り捨ててしまう感覚は、

そろそろ捨てなければいけないのでしょう。

 

寡婦(夫)控除のように、関係がない人は全く恩恵を受けない制度だったり、

未だに整備されていないLGBTに対する税制だったり。

 

自分に関係ないからどうでもいいのでは、

いつまでたっても豊かで暮らしやすい税制は実現できません。

そして本当に必要としている人に、税制の恩恵が届きやません。

自分だったら増税にどう対処する?

もし自分がサラリーマンで年収850万以上であったら、

どのように節税をするだろうか?

 

僕はたまたま税務に関係する職業を選び、たまたま税理士になっただけです。

しかし、運よく今回の増税に伴う内容の中身は理解が出来ます。

 

でも普段税務に携わらなかったら、どう対処すればいいのかもわかりません。

どれだけ自分の負担が増えるのも、きっとわからないのでしょう。

 

例え給与所得者が年末調整で確定申告が完了しても、

本来は申告納税制度なのだから、みんなが理解できなければいけないんですよね。

 

さて、給与の年収が850万の場合、10万円課税所得が増える計算になります。

この10万円、どうやってなかったことにしよう?

 

給与と相殺する為に、事業を行うことは現実的はないし、扶養控除も突然増えるわけではない。

誰かと取りあえず婚姻届け出してみる?

無理やり事業規模で副業してみる?

 

保険料控除は要らない保険に加入するものバカバカしいし、わざわざ病気になるわけにも。。。

ロキソニンやバンテリンを大量購入してセルフメディケーション受けるのもねえ。。。

養子をとるのも現実的ではないし。

 

というと、サラリーマン手っ取り早く節税するには、

確定拠出型年金のみかな?と感じてしまいます。

 

この10万円の増税は、真面目に働いている人にとっては、

回避しようがない部分がありますよね。

10万円分の確定拠出型年金に加入といっても、実際に現金が出ていくわけだから。

 

850万円あるんだから、高給取だからいいじゃない!

と思っても、大体高給の方は、かなり遅くまで働いています。

残業も多くて、平日はプライベートは殆どなくて。。。

 

バカバカしいと感じる気持ちもわかります。

 

「働き方改革」といっても、大企業、中小企業問わず、

突然変わることが出来ない会社も多く存在します。

 

自分がその立場だったらどうするか?

何も思うのか?

どうしてもらいたいと感じのか?

 

誰もが考えていかないと、平等で豊かな税制の実現なんて、

到底難しいのかもしれません。

まとめ

当事者意識って難しいですよね。

自分には関係ないから!っていう感覚もよくわかります。

実際僕もそうでしたから。

 

ただ、そんな時はちょっと立ち止まって、考えてみましょう。

当事者の方は、どんな思いをしているのか?

誰もが考えていけば、何かが変わっていくはずです。

 

「いやいや、お前当事者じゃねーじゃん!ヒモのくせに!」

って思いますよね。

 

僕の嫁は増税対象者なんで、ヒモ生活の僕は即座に影響します。

まあ、一応これでも税理士なんで、10万円の所得控除をどう発生させてやろうか、

オレの腕の見せ所ですよ。

最新の税務記事

2019.06.26滋賀県草津市の国民健康保険料の平等割と均等割の軽減判定

事務所HPはこちら

今日の言葉

make the best of:悪い業況下で最大限の活用をする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です