とっても不便になったキャッシュレス決済

7/1より大手てコンビニ2社により新にQRコード決済が開始!

僕は6月の終わり頃に、新たなコンビニの決済方法を知りました。

そして早3日目には問題が大騒ぎになり。。。

 

さてコンビニの場合は、既に非接触型のキャッシュレス決済が浸透していますが、

なぜ今更またQRコード決済を導入したのか不思議です。

 

これって便利になっているようで、実はものすごく不便利になっているように感じます。

 

paints by Ryusuke Endo

選択枠が多いの事はいいのだけど

いろんなお店のレジ前に行くと、決済手段のマークが並んでいます。

今はどの店舗でも、本当にいろんなマークを目に入ってきますよね。

そしてそれを目にする度に感じます。

「多すぎやしないか?」

 

いろんなオプションが存在することって、利用者にとってはいいことでしょう。

多くのものの中から、自分が好みに感じるもの、便利に感じる手段を選択すればいので、

お買い物ではサクッとストレスなくがいいです。

 

もう10年以上前になりますが、レジのおつりの手間も省ける電子マネーは、

ナナコやEdyが登場した時には、非常に画期的な決済手段でした。

 

しかし、選択枠が多すぎる事は、逆にそれだけ制限が多くなります。

 

この決済手段はアソコではOK。でもココでは使えない。

ここでは現金チャージはできない。

って、非常に不便。

 

お店ごとにイチイチ決済手段を判別する必要がありますが、

それって全く便利になっていません。

 

スマホにアプリを複数インストールしたり、ICカードを複数保有する事は、

結局の所、小銭ジャラジャラと同じです。

 

決済手段が3つも4つも増えていくのって、ただ面倒な事が増えていくだけ。

 

市中の貨幣供給量を減らしても、結局は使い勝手が悪く、不便であれば本末転倒です。

広範囲で利用できる便利さが一番

今回7/1よりセブンペイが開始されましたが、

一体何のメリットがあるのか分かりません。

 

セブンペイが日本全国で使用できるのであれば、非常に便利だったのですが。

セブンイレブンだけなら、今更何のメリットがあるのか不明です。

 

ナナコポイントの還元率が悪くなり、不便な点が際立つばかりでした。

 

ポイント還元目的でキャシュレスが促進される理由もわかります。

しかし、国の政策にイチイチ翻弄される事は、何だかとても疲れるなーと最近感じています。

 

消費税増税時のポイント還元制度も、個人的には楽しみではありますが、

使用可能な店舗が限られていると、イチイチ確認するのが面倒です。

 

キャッシュレス決済の利用者のメリットは何かというと、

現金を持ち歩かずに、決済が可能な所です。

 

決済媒体と紐づけされたものが現金であれ、クレジット、預金口座であれ、

サクットお会計が可能な所が魅力。

 

この点においては、QRコード決済はICカードよりもやや時間がかかります。

 

また、利用者にとって利用明細がwebより一目瞭然な所です。

ダウンロードすれば、家計の管理にも役立ちます。

 

究極のところ、最も広く利用できる決済手段が一番便利。

ポイント還元は多少楽しみですが、利用範囲が広い決済手段の選択が賢明だと感じます。

まとめ

QRコード決済って、ICカード決済よりも、時間かかります。

レジで読み取って、金額入れて店員に見せてって、今までより時間が。

便利になっていくはずが、どんどん不便になっているように感じます。

 

どうせキャッシュレス決済を目指すのであれば、徹底的に日本で広く使用できる

キャッシュレス決済手段であってほしいと感じます。

最新の税務記事

孫がいる場合といない場合の相続時精算課税のデメリット。

事務所HPはこちら

今日の言葉

inconvenient :不便な

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です