代名詞としての「先生」よりも、相手の名前を口に出そう。

会計事務所に就職してから、ずっと違和感があった言葉が「先生」。

 

ええ、11年も会計業界にいたので、周囲が用いる「先生」という言葉の意味については、

実は何の意味もない事を、とうの昔にわかっていました。

 

良くも悪くも、僕は「先生」と呼ばれる事は殆どありません。

 

しかし、先日、同じ草津支部の税理士さんに誘われて、

社会通念上、一般的に会議費にも交際費にもなりゃしない食事をした際に、

僕自身が、「先生、先生」と発していました。

 

2人で食事をしていて、先生、先生言うのは、

後々振り返ってみて、やっぱり違和感がある光景だったのかもしれません。

 

先生という単語には意味はない

会計事務所では、顧問先からしばしば、

「先生いらっしゃいますか?」

 

税務署から、

「先生いらっしゃいますか?」

なーんて電話をよく受けました。

 

職員の方々も、所長の事を、「先生、先生」呼ぶので、僕もあらそうなのね、と思い、

「先生、先生」と発していました。

 

ちなみに医師や教職員の間でも、〇〇先生と呼ぶらしいです。

だから、先生って言葉は、別に敬意の意味合いなどはないのでしょう。

 

 

会社でいう「先輩」、「社長」、「部長」、「課長」、「支店長」、「次長」などといった、役職そのものなんですよね。

悪く言えば、何ら気持ちがこもっていない、無機質な代名詞です。

 

相手を呼ぶ際に、わざわざ名前で呼ぶ必要もなく、

「先生」といった不特定多数を指す単語で相手を特定できるのって、非常に便利です。

 

僕もその便利さに釣られて、先生、先生と乱用していました。

そしてまたしても、不甲斐ない自分に反省をしています。

 

相手を敬意を示したり、感謝の気持ちを示したり、仲良くなりたいのであれば、

先生という気持ちがない代名詞よりも、相手の名前を呼ぶ方が断然伝わるでしょう。

目上の人間には役職名を使う事が常識

僕は社会人1年目、銀行に入社したての時、役職ある女性に対して、

「〇〇さん」と、名前で呼んでしまったことがありました。

 

後に指導係から、失礼に当たるから、役職で呼ぶようにと注意されました。

 

まだ社会を知らなかった22歳の僕は、

「名前で呼ばれた方が、うれしいけどなあ~。」

などど、フワフワした発言をして叱られました。

 

そして月日が経過して、日本の社会では、役職ある相手に対しては、

役職名で呼ぶ事が常識である事が身に付きました。

 

仕事を終えて居酒屋で、ダラダラと男同士のやばい会話をしていても、

「次長!課長!部長!」などと役職名を使うのでしょう。

 

ええ、いきなりそこで、ビール片手に「〇〇さん」

なんて言ったら、お仕置きくらうのでしょう。

 

日本の会社員には、日本の会社員のルールがあり、

業界団体には、業界団体特有のルールがあり、ルールは規則や統制の意味合いもありますが、

利便性が高い一面もあり、わざわざそれに反する必要性も感じません。

 

また、もしその役職名や先生という言葉を、敬語と捉えている方の場合、

もし僕が目上の税理士さんに対し、

「ちょっと〇〇さん。」とか、「あのさあ、〇〇ちん」

などと言ったら、ムカッとされること間違いありません。

 

だから先生という言葉に大して意味などなく、単なる代名詞的な役割であり、

それで均衡が保たれるのであれば、わざわざそれに反する必要はありません。

 

それでも僕は、自分が例え税理士を止めても、長く知り合いでいたいと思う相手に対しては、

相手の氏名を口にして、話をしようと思います。

相手を呼ぶときは、〇〇さんで!

給与所得控除縮減対象の嫁の経験は、さすが大企業。

海外では、上司や部下に関わらず、相手を呼ぶときには名前で呼ぶそうです。

 

おお、名前で呼ぶなんて素敵だなあと感心しましたが、冷静に考えれば当たり前かもしれません。

 

幼稚園から大学まで、知らず知らず教員に対しては、「先生」と使っています。

しかし、同級生や友人については、名前で呼んでいたいはずです。

 

いつしか「先輩」という言葉を使い、社会に出てからは、

あれ、これ、どれ、それといった、代名詞で呼ぶことも増えました。

 

その意味がないからこその便利さに精通してしまい、先生!と使ってしまいがちですが、

相手を重んじるのであれば、やはり相手の氏名+さんで呼ぶ方が、遥かに美しく感じます。

 

安易に便利で意味がない言葉を多用するくらいなら、

至って自然な〇〇さんといった言葉を使っていこうと思います。

まとめ

冒頭にも書きましたが、僕は先生と呼ばれた事は殆どありません。

もしかしたら、それが一般的なのかもしれません。

または僕がチンケなだけかも。

いずれにしても、肩書や役職名といった代名詞ではなく、

相手の氏名で相手を呼ぶ事が、普通になればいいなと思います。

最新の税務記事

2019.11.03軽減税率導入に伴う簡易課税制度の特例とその注意事項

今日の言葉

no point: 意味がない

キャベツ:白菜 ピンインはbáicài

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です