生産者に直接お金を落とすこと

国内、国外問わず、旅行や遠出をする時の楽しみというと、

お土産や現地の名産品、特産品のお買い物があります。

 

僕は現地の調味料、名産品、そしてお菓子が好きなので、

遠出や旅行をした時は、ついつい購入してしまう癖があります。

 

海外の市集、マーケット、市場などで出かけると、

若いデザイナーやクリエイターの方が制作した小物、雑貨類を目にします。

 

伝統的な編み物など、可愛く珍しいものが並んでいると、

ついつい手に取ってしまいます。

 

大きな資本が入ったお店、老舗の菓子屋さんで購入する事もありますが、

旅行や遠出した際には、出来る限り個人で頑張っているお店を探し、

気に入ったもの、美味しいものを購入するようにしています。

 

 

近所や小さなお店で買うのがダサイ

20歳を過ぎて海外へ旅行するまで、僕は市集や市場、またマルシェと言われるものを、

経験したことがありませんでした。

 

また、当時は地元の大学の側で1人暮らしをしていた事もあり、

買い物というと、大きなスーパーやデパートで購入する事が殆ど。

 

近所の八百屋さん、総菜屋さん、和菓子屋さんで買い物する事もなく、

そういったお店で買い物をする事が、何となくダサイ、恥ずかしいと感じていました。

 

たまに、地元静岡の中心部の広場で、地元の個人店が集まり、

各お店はテントを張り、○○市のようなものが開催されている事がありました。

 

でもそういうイベントって、値段はそこそこ高いし、

かなりの確率で、購入時にコミュニケーションをとる必要が。

 

だったらネットで買えばいいし、デパートやスーパーで買う方が気が楽。

 

そんな捻くれた僕は、自分のお金を使い道について、

深く考える事をしませんでした。

旅行はお買い物も立派な楽しみ

旅行に行くと、いろいろな楽しみがりますよね。

大自然に触れたり、現地の人と話したり、

INNやゲストハウスで、諸外国の人と話したり。

 

美しい海に入ったり、緑豊かな山へ行って伸び伸びしたり、

得体の知れない物も食べてみたり。

 

ええ、伝統的なお菓子やモダンで斬新な雑貨などを購入する事も、

楽しい楽しいお買い物の時間です。

 

ただ、お買い物をする時には、出来るだけ、

個人のお店を探したり、若い人が集まる市集でお金を落とすようにしています。

現地で直接お金を落とす事

お菓子をはじめとした食品であれば、

製造している店舗で直接購入すれば、マージンなしに直接お金が流れます。

 

小さいけれど、個人で経営するお店には、

有名店にはない、確かな味があります。

 

若い方のお店で直接購入したり、市集やマルシェで購入すれば、

直に生産者の元へ資金が流れ込みます。

 

20代の時は、そんな事考えもしませんでしたが、

そういう旅行の楽しみ方もあると思います。

 

人によっては、特段ものを購入しないという人もおり、

人それぞれですが、僕は現地で気に入った物や食べ物を、

直接生産者にお金が落ちるように、購入する事が楽しみです。

 

日本でも、インバウンドにより、ますます多くの外国人観光客が訪日しています。

 

大手のデパートの袋を抱えた方をよく目にしますが、

少しでも多くの人が、地方へ行き、小さな個人のお店でも、

良いものを購入してもらいたいと感じます。

まとめ

そういえば、年末16日間の旅行の行き先が絞られました。

行きは高雄から入り、東港、小琉球、恒春、満州、墾丁、美濃、旗山、

四重渓、車城、埔里、霧社、台中、北埔、台北へ行き、桃園空港から帰ります。

 

多分、途中で予定変更をするのでしょうが、

現地で直接お店にお金が落ちるように、

好きなものを見つけて、購入したいと思います。

 

最新の税務記事

2019.12.07開業初年度の確定申告における注意事項。年の中途で開業した時は年按分等に注意。

 

今日の一言

帰す、外に出す:let out

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です