台東観光グルメ黄記葱油餅。台湾一の葱餅は台東の黄記葱油餅にあり。

かれこれ1年も前になりますが、昨年8月に訪問した台東のお店です。

 

台東に来たときは、自転車に乗って海濱公園から森林公園へ

しばしばツーリングを楽しみます。

 

海濱公園側は海好きな人達で賑わいますが、

その賑わいの要因の1つは「黄記葱油餅」の行列。

 

海岸線の楽しむ前に、まずは「黄記葱油餅」で、

葱餅を楽しみましょう。

 

黄記葱油餅 基本情報

住所は台東縣台東市南海路36號。

お店の場所は、海濱公園のすぐ側。

 

海濱公園から海岸線を北に向かい、

森林公園まで自転車を走らせる人も多く、お薦めのスポット。

 

海岸線のツーリングは、晴れた日にはとても気持ちがいい!

 

その前の腹ごしらえとして、葱餅は最高。

 

↓地図です。

 

 

 

さあ!行列です。

ここはいつ来ても行列です。

 

くそ暑い中、葱餅を買う為に並びます。

それだけ価値がある葱餅なんです。

 

 

 

 

並ぶといっても、だいたい20分もすれば購入できます。

お店では、店員さんが次から次へと料理しています。

 

必ず出来立てを購入できるので、熱々のままいただけます。

 

 

沢山の注文をさばくため、生地が沢山焼かれています。

ああやって、鉄板の上で小麦粉を丸めて置いてあるんですね。

 

そして紙の上に置かれている1枚がでかいです。。。

オーダー

オーダーはやはり葱餅です。

葱餅というと、小麦粉と油の塊と思われがちですが。

こちらのお店は生地はフンワリ。

 

卵と小麦の炭水化物は相性が良く、

葱がよいアクセントになっています。

 

ガッツリと葱が入っており、ちょっと甘めのタレが葱と卵によく合います。

 

 

 

 

甘いたれは当然、小麦の生地とも相性が良く、

もはやスナックにおさまらない1品です。

 

ご飯との相性も良いですが、自宅でいただくのであれば、

ナイフとフォークえいただき、ビール飲みながらなら、最高の一品。

 

油分はそれ程強くはありません。

 

タレがかかると、ややぺちゃっとなりますが、

フンワリさくっとした餅の食感は最高。

 

台東で葱餅を食べるのであれば、黄記葱油餅がお薦めです。

まとめ

今回は台東の葱餅のお店の黄記葱油餅を紹介しました。

行列必死の人気店ですが、葱餅を食べてば、その意味がよくわかります。

 

フンワリ、サクットした葱餅は、そんなに多くはありません。

ちょっと油分が気になるなーというお店もありますが、

こちらはあっさりといただけてしまいます。

 

台東で葱餅をいただくのなら、黄記葱油餅がお薦めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です