今後の台湾ブログに関するお知らせ

現在、今年の年始までに旅行した台湾の飲食店をブログに投稿しています。

 

かれこれ半年以上経過しますが、昨年は独立後、

4回旅行へ行ってしまい、なかなか消化しきれませんでした。

(写真加工が面倒くさい。)

 

しかしようやく、今年の年始まで訪問した飲食店のアップが終わります。

ええ、でも旅行にいけないじゃん。

本を書くよ。とビジネス目的だなんて嘘付けないし。。

 

そこで定期的な読者に支えられている台湾ブログについて、

今後の方向性を示しておきます。

 

(台東の金樽風景区は僕にとって忘れられない場所)

 

今後の台湾ブログの方針

今までは飲食店を中心にアップしてきました。

自分が他人の旅行ブログを検索した時に目にするのは、

大抵の場合、飲食店が目的だったからです。

 

しかし今後は、各地の自然を中心の投稿していきます。

 

墾丁、恒春、台東、花蓮、南投の自然の数々は、

今まであまりアップしていませんでした。

 

小琉球や恒春、墾丁は一部アップ済ですが。。

画像も多いし、ただでさえ、重たいサイトだし。

 

でもこのくだらないブログの読者ならわかると思いますが、

僕のこのサイト、かなり軽くなったと思いません?

 

さくらインターネットの高速ボタンを、ぽちっとした事も関係していますが、

5月以降、画像を大幅に整理してきました。

 

4月時点で1,600,000KBあった僕のこのブログの画像は、

現在537,000KBまで減少させました。

 

まだまだ整理している状況ですが、

毎日コツコツと画像のリライトをしてるので、少し余裕がでてきました。

 

そこで今後は、台湾各地の自然を投稿していきます。

 

台湾旅行といえば大自然

台湾旅行の醍醐味と言うと、いうまでもなく大自然。

 

バイクを借りて気軽に海や山を堪能できるし、

自転車をレンタルして、花蓮や台東の片田舎を散策しても楽しい。

 

花蓮や台東は車がないとやや不便な面もありますが、

小琉球や恒春、墾丁、屏東あたりは、自転車やバイクで自然散策が最高。

 

GWやお盆、年末年始等の限られた日数であっても、

気軽に自然を味わう旅行ができます。

 

台湾=小籠湯包、マンゴーじゃ、味気ないしつまらないよね。

台湾観光では、日本では味わうことができない風景を堪能する事がオススメです。

 

海外渡航が開始されたらいいね

現時点では、海外観光へ行く事はできません。

来年の年末には行けたらいいなーと感じています。

 

そしたらさ、早速台湾へ行きたいよね。

 

コロナによる影響で、台湾カテゴリーのアクセスはめっきり減少。

しかし海外渡航が開始されたら、きっとまた見てくれる人がいるかもしれません。

 

その時には、台北や高雄等の都市部やショッピング、小籠湯包だけじゃなくて、

「こんな美しい所があるんだ。行ってみよう。」

と思う人が一人でもいればいいと思います。

 

まとめ

そんな僕が次に行く予定の場所は、枋寮郷と蘭嶼。

本当は今年の夏に行こうと思っていましたが。。。

 

枋寮郷は日本では観光ブックは一切存在せず、現地で購入した本のみ。

また、有名な黒レンブの産地です。

 

 

 

蘭嶼は自然豊かな離島。

台東空港から小型飛行機で向います。

 

 

最近はまた悩むことも多く、げんなりする事も多いのですが、

次に台湾に行くときも、開業税理士でありたいとうぬぼれた自分がいます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です