主夫的税理士生活。今年嫁とケンカした要因はフリーランスVS会社員の立場の相違点。

今年も早いもので残り2カ月。

 

1月の台湾旅行以降、海外に行く事もなく、

今年は嫁と顔を合わす時間が増え、喧嘩もますます増えました。

(喧嘩は男から謝罪すると後々スムーズです。)

 

喧嘩とまではいかずとも、イラッとする要因は様々。

そしてその要因の多くは、自堕落なフリーの僕と、

時間的かつ空間的拘束がある、会社員の嫁との思考の相違が原因でした。

 

フリーの立場から発する(または投稿する)何気ない言葉は、

相手の立場を鑑みないと見なされる部分もあるようです。

 

 

大多数は会社員。フリーは少数派。

会社員はとっても大変。

僕自身も14年間会社員をやっていたので、その辛さは知っています。

しかし、もうそれは過去の話なのかもしれません。

 

安定した月々の給与、福利厚生や社会保険の恩恵。

 

僕は今現在もなお、このご時世、サラリーマンは、

究極的にコストパフォーマンスが高い職業だと思っています。

 

しかし、そのコストパフォーマンスと引き換えに、

多くの自由と時間を勤務先に捧げています。

 

・毎日の通勤時間

・通勤電車やバスの過密空間

・残業や休日出勤、深夜残業

 

・不規則な勤務時間

・ストレスが溜まる人間関係

・好きな時に休みが取れない日本の勤勉概念

・電話応対等

 

それらから解放された僕がいる一方で、

確実にそのわだかまりと格闘している人もいます。

 

喧嘩の原因は、わだかまりから解放されたフリーランスは、

圧倒的にごくごく少数派であることを忘れてしまった僕が要因でした。

 

頑張って働く人には敬意を示そう

コロナになって以降、疑問視された過密電車。

 

3密を避ける意味でも通勤不要のテレワークが進みましたが、

通勤しなくてはならない業種も、確実に存在します。

 

通勤して頑張って働いく方達がいるからこそ、

多くの方が安心して生活を送れている。

 

危険を冒して日々、勤務している人がいるからこそ、

僕がこうやって仕事?をすることも出来ます。

 

僕自身も口にしてしまった事がありましたが、嫁さんは、

「満員電車に乗るなんておかしい」というフレーズに、非常にイラッとするようです。

 

確かに、毎日頑張って仕事をこなしている側からすると、

「満員電車に乗るなんておかしい」という言葉は、自由に時間を確保できる、

フリーランス側の非常識、又は、配慮が無い言葉だったのかもしれません。

 

自分が自由に時間をコントロールできる立場であっても、

電車通勤して、汗を流す方に対しては、敬意を払うべきだと実感。

 

何気ない少数派の言葉遣いや文章を、

人に不快にさせてしまうものと痛感しました。

みんな好きで残業してるわけではない

会社員を辞めるまでの7年間、確定申告時であっても、

残業嫌いな僕は、勝手にほぼノー残業でした。

 

自営業になれば、いつ働いても自由。

 

1日8時間の労働時間を決定すれば、

早朝や深夜に働いても、超過勤務という概念はないのかも。

 

僕の嫁はほぼ毎日残業ですが、

「今どき残業してんじゃないよ、このブラック企業」と冗談で諭したところ、

相当激怒されました。(疲れていたらしい。。。)

 

残業をしなくてはならない業種、役職も確実に存在します。

 

いつ働いてもOK。業務(超過労働)をしないなら、自分が苦しく自営業と、

時間的拘束のある会社員の残業は、全く別の次元なのかもしれません。

 

通勤時間や満員電車と同様ですが、自分がそこから抜けだしているからいって、

「残業はおかしい、異常だ。」と口にしたり、それらは文章化してしまうのも、

配慮がなかったなあと反省。

 

仕事が楽しい、夢中になって残業する人もいますが、

やっぱりみんな早く家に帰りたい。

 

残業してくれている方がいるから、

僕が呑気に仕事をすることができている事も事実です。

 

喧嘩回避はお互いを尊重し合うこと

1年半自営業、いわゆるフリーランスをやっていると、

自分が目にする媒体が、フリーランス系になっている事があります。

 

時間コントロールが可能

いつは多々働いても自由

満員電車を回避できる

電話は取らない

残業や深夜勤務しない、できない

嫌な仕事は断る

 

僕自身も全ての恩恵を受けていますが、

それは満員電車に乗って、残業して、嫌な仕事もこなしている

会社員の方(嫁とかさ)がいるからこその事です。

 

自分の立場だけでものの視点を考えてしまった事。

フリーランスの立場だけで文章を書いた事。

 

その2点が、会社員の嫁との喧嘩の根本だったと感じます。

 

フリーランスや自営、会社員の苦しさは次元が異なり、

比較することはできない。

 

喧嘩をしない為には、お互いの立場を尊重し感謝し合う事が肝要だと悟ります。

 

まとめ

こんな偉そうな事を書きながら、

今日はこれから京都マンガミュージアムに1人向かいます。

 

実に1年ぶりの訪問です。

突然ですが、らんま1/2が見たくなってしまったのです。

 

突然マンガミュージアムに行けるのも、フリーランスだからです。

 

最新の税務記事

2020.11.02 三角合併が行われた場合の合併親法人株式の取り扱い

 

今日の一言

まだ続きがある:there is more to that

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です