台湾最南端ツーリング出火特別景観区。地面からガスが噴き出る神秘的な出火。

台湾最南端ツーリング今回は、有名な出火特別景観区。

最南端から東海岸を北上し、港口から恒春へ回ります。

 

港口から恒春へ向かう道は1本道。

まもなく恒春中心部に途中!となる前に、

出火特別景観区が目に入ります。

 

 

あまり派手な場所ではありませんが、

恒春に来た際には、必ず訪問した方がベターです。

 

 

 

出火特別景観区 基本情報

出火特別景観区は2回目の訪問。

1回目は2019年8月、この時は2020年1月。

 

僕は恒春滞在時に訪問しましたが、

南端から恒春を反時計回りするルートでも可能です。

 

↓地図です。

 

 

恒春から港口へ向かう道は1本だけ。

バイクで1人向かった時は、かなりヒヤヒヤ。

 

 

みんな容赦なく迫ってきます。。

(2回目からは慣れるので楽ちんです。)

 

出火特別景観区

出火特別景観区は地下からガスが吹いており、

地上で燃えています。

 

ああ、そう。でそれだけですが、

よくよく考えると、凄い自然減少だなあと。。。

 

人気のスポットではありませんが、

ここは必ず行った方がいい。

 

 

 

さあ、到着です。

燃えてます燃えています。

 

ガス臭いガス臭い。

よく爆発しないよね。

 

 

 

焚火ではありません。

地下のガスが燃えています。

 

こういう自然現象、僕凄い好きです。

不思議だし神秘的だし、人工物じゃないから。

 

 

 

 

柵の中には入れませんが、

見ているとかなりの温度です。

 

柵の手前でも、ジワジワと高温が伝わってきます。

年々ガスの噴出量が減少しているようなので、

いつかは見られなくなるんですね。

 

 

 

こういう光景って初めてだったので、

火災とか起きないのか疑問。

 

夜はもっとはっきり炎が燃え盛って、

綺麗なんだって。

でも野犬が怖いので、僕は夜は行きません。

 

 

かなりガス臭いので、苦手な人は止めましょう。

また、駐車場には野犬がいます。

夜間1人での散策はお薦めしません。

 

 まとめ

今回は恒春の出火特別景観区を紹介しました。

特に人気のスポットではなく、お洒落な場所でもありません。

 

ただ、ガスが噴き出して燃えているという自然現象が不思議で美しい。

 

皆さんは見終わったらさっさと退却していましたが、

僕は数十分、ぼーっと見入ってました。

 

車で複数人なら夜見学するのもいいかもしれません。

恒春に訪問した際には、必ず立ち寄りたいスポットです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です