主夫的税理士生活。主観的な忙しいは使わない。

僕の嫁はサラリーマンのくせに、休日に仕事をしている。

「忙しい、忙しい。」と言いながら、

よく帰宅してもパソコンを開いています。

 

ええ、僕は真顔で嫌味を言います。

会社員が家で仕事をするなんて無能であり、

サラリーマン失格です。

 

僕は「忙しい」という主観的な形容詞は使いません。

会計事務所内で起きた悲しい出来事があって以降、

心を亡くす「忙しい」という表現は使いません。

 

 

忙しいは主観的な形容詞

社会人が使用する「忙しい」とは、

おそらくは、こなすべき仕事が沢山あるという意味です。

 

かつての20代中ごろの僕は、長時間仕事をする事が、

自分のステイタスだと思っていた人間です。

 

26歳くらいまでよく「忙しい」を使用していました。

 

こなすべき事が沢山ありましたが、だからといって、

自分の許容量を超えていたわけではありません。

 

自分のキャパシティを超えてしまった場合、

「忙しい」などという呑気な形容を発する事はないでしょう。

 

本当に自分の限界を超えて苦しい場合は、

精神的に影響をきたし、声を発する事ができない人も。。

 

そして僕自身が忙しい状況に自己陶酔していた時、

同僚の変化に気付く事が出来ない過去がありました。

 

 忙しいを周囲の変化を見逃す

忙しい=こなすべき事が沢山あり集中したい!状況であると、

周囲の状況の変化を見失いがちです。

 

とりわけ2月の会計事務所勤務の場合、

未だに遅くまで残業し、朝早く出勤する方もいるのでしょう。

 

忙しい=結構好きという人も確実に存在し、

その事自体は決して悪い事ではありません。

 

こなすべき事が沢山あると、自分の血や肉になる事も確かであり、

僕も忙しい状況は割と好きでした。

 

しかし、忙しいと周囲の状況の変化に気付けない事も。

 

とりわけ、仕事に主観が集中していると、

同僚や部下、または上司の顔つきや、

心の微妙な変化を見逃してしまいがちに。。。

 

忙しいと口に出しそうになったら、

ぐっと堪えてみると冷静になります。

 

 忙しいと言わない為に

昨年も今年も、アホな僕でも今の時期は、

それなりにやる事があります。

 

「遠藤さん、2月末と3月に〇〇商工会の申告当番行けますか?

(あんたどうせ暇っしょ?)お願いします。」

と依頼され、はっはっはっはーと笑い飛ばしましたが、

実は時々苦しい時があります。

 

そこで忙しいと言わない為に、毎晩マンガを読んでいます。

寝る前の1時間(1時間も?)、漫画に集中しています。

心の余裕を亡くした場合、

家族の心の変化に気付く事が出来ません。

 

一家の大黒柱の嫁さんの変化を見逃したら大変大変。

 

忙しいは主観的であるからこそ、

周囲の変化を見逃してしまいがちです。

だからこそ、僕は忙しいとは言わないのです。

 

 まとめ

最近は草津市の方も、このくだらないブログを読んいるようです。

 

「遠藤さん、最近ブログがかなり手抜きですね。

 酷い誤字脱字が。。忙しいのですか?」

と温かいお言葉を頂くことがあります。

 

心境が文面に現れてしまうなんて、

僕もまだまだブログの書き込みが足りないのかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です