開業2年目の失敗。原価計算したら赤字で仕事が嫌でたまらない。

大手衣料メーカーが実質値下げをした中、

僕は何故か自分の商品価格を従前より値上げしました。

 

十分な稼ぎがあるわけではありません。

しかし値上げにより、例え問い合わせが無くなっても、

仕方ないっしょ!と心底思っています。

 

その理由は、原価計算をしてみたら、

割と赤字だったからです。

 

現実逃避には甘いものが一番

 

 赤字の先がチラホラ

今回の確定申告は何か作業をする度に、

顧客別に作業進捗日報をエクセルで管理してみました。

いや、そんなの普通でしょ!かもしれませんが。。。

 

シートの数が多い先程、時間を要しますが、

事業規模や難易度とシートの数は比例しません。

 

建物や土地の譲渡等があっても、

じっくり考えて1日で完了した先もあれば、

小規模でもシートが10あり時間を要した先も。

 

個人的に原価を時間給で捉えていますが、

要した時間を勘案すると、赤字の先がチラホラ目立ちました。

 

 赤字になると仕事が嫌になる

僕は譲渡の申告以外で、10万以上の請求をした先はありません。

価格を決定する時は、いくつかHPを参考にしています。

 

単発の申告は10万の価格提示をしている方、

小規模であれば7,8万円程の方など様々。

 

オンライン税務相談の時によく相談者に伺うのですが、

税理士報酬10万円というと、

「高い!」と感じる方が圧倒的でした。

 

僕はあまり深く考えていなかったこと、

個人的に思う事もあり、小規模であれば、

10万の価格設定はしていませんでした。

 

しかしトータルの所要時間を考えてみると、

売上高を基準にするだけでは、赤字になることもあり、

突如として嫌になってしまった事が。。

 

全て自分の責任があるとはいえ、

嫌になってしまう仕事の仕方は、やはりよくありません。

 

ゆえに、総額表示前に価格を改定しました。

 

 無料や低価格で感謝できるか

まだなお時々、無料?のお問い合わせをいただきます。

また、無料で教えて欲しいと希望される方も。

 

目に見えないものは、僕自身も高いと感じる事がしばしば。

 

その含蓄の重たさは様々ですが、一言で済む内容でも、

全てごめんなさい。をしています。

 

僕自身は旅行やお買い物が大好きです。

「無料」や「低価格」のサービス提供を受ける時や、商品の購入する際、

感謝できるかどうか考えてみました。

 

無料で飛行機に乗れたら嬉しいでしょうよ。

無料で台南のシャングリラホテルに宿泊出来たら、

そりゃ、嬉しいでしょうよ。

 

ただし、感謝はするのでしょうが、その根幹となる心理は、

あーお金がかからなくて良かった。といった思いに起因するのでしょう。

 

懐が痛まないのであれば、

人は当然嬉しいと思うのかもしれません。

 

 赤字にならない価格設定に

そこで赤字にならない価格設定と仕事の仕方をしようと、

今更真剣に考えました。

 

価格設定も赤字の経験も、本来であれば、

開業1年目にすべき失敗だったのかもしれません。

 

全てが1年遅れの経験かと思うと心苦しいのですが、

いい勉強になったと実感しています。

 

価格設定の正解はわかりませんし、

他人との比較は意味がないのでしょう。

 

しかし、自分にとってストレスが溜まる設定は

よくないのだと確信しています。

 

頑張ろうと心から思える売価設定が

一番なんだと思います。

 

 まとめ

仕事が嫌になってしまった僕は、

1人地元に逃避行を考えています。

 

ええ、別にcheatingではありません。

何となく、ここ最近は気分が乗りません。

 

そこで〇〇協同組合からいただいたボーナスにより、

マグロとシラスで英気を養う為、

1人里帰りをする予定です。

 

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です