京都の名店DA.UCHI CURRY。子羊のカレーが絶品。DA.UCHI CURRYは京都カレーの最高峰。

京都と言えばカレー。

カレーと言えば京都。

マンガミュージアムのランチはカレー。

 

丸太町周辺には美味しいカレー屋が数件点在。

今回は、夜の居酒屋の店舗を間借されているカレー屋さん。

 

DA.UCHI CURRYです。

初めて訪問する先で、ずっと行きたかったカレー屋さん。

 

 

 

DA.UCHI CURRY 基本情報

住所は京都府京都市中京区丸太町33。

有名な京都くりやから数件先。

 

周辺はカリルや土鍋カレーなど、

有名なカレー専門店が点在。

 

 

 

夜は居酒屋さんですので、

ザ・居酒屋の内装で雰囲気がいい。

 

 

店主はお一人で回されていて、凄いなあと。

調理されている姿がとっても楽しそう。。

 

画像はありませんが、席には整然とお冷、

コップ、フォーク等が並び、

お仕事に対する意識の高さを感じました。

 

ああ、僕のフリーランスなのに漫画を読んだ挙句、

昼間からカレーを食いに出かけています。

 

 メニュー オーダー

メニューはシンプル。

フリーランスはシンプルが一番。

 

 

1,500円の3種あいがけをオーダーします。

そしてサラダがやってきます。

 

前菜にぬかりがないお店は、

カレーの味もワクワク感が一杯。

 

 

ほら、やっぱり完璧で素晴らしい姿。

やっぱりスパイスカレーは美しい。

 

 

 

海老のカレーをいただきます。

個人的に海老のカレーは今まであまり食べませんでした。

 

何となく味がぼやけたり、

海老の存在がカレーにマッチしなかったり。。。

 

しかし、こちらのカレーで既成概念が取り払われました。

カレーと海老が一体となっている。

 

ご飯は不要で、海老の為のカレー。

もはや、海老とカレーをおかずとして、1つの料理でいいくらい。

 

海老カレーというと小海老を使う店も多いですが、

海老がしっかり調理されて上でトッピング。

 

 

 

鶏のカレーはスパイスが香ります。

スナップエンドウが春らしくて緑が綺麗。

 

鶏肉は強い香辛料とよく合い、ご飯がより進みます。

香辛料を存分に味わうためにも、

ご飯は白いシンプルなご飯が一番かもしれません。

 

 

鶏のカレーは王道のスパイスカレーですが、

柔らかな鶏肉に存在感があります。

 

海老も同様でしたが、具材の存在感に抜かりが無い。

カレー自体は辛くはありませんが、

スパイスが強く鼻水が。。。

 

 

子羊肉のカレーです。

一番色が濃く、最も期待大のカレーです。

これだけ期待を抱かせるカレーって凄い。

 

 

 

最もおいしかった子羊のカレー。

一番マイルドな味わいでしたが、

スパイスがガッツリと感じられます。

 

そんな中に、柔らかい独特の肉の風味が。。。

子羊のカレー単独だったら、

高級ホテルで提供されるような上品なスパイスカレー。

 

あっという間に完食してしまい。

必ず再訪したいお店の1つです。

 

今までいただいたカレーの中では、

最もおいしかったカレーだと思います。

 

スパイスカレーは、白いご飯がいいですね。

 

 まとめ

今回は京都のDA.UCHI CURRYを投稿しました。

どのカレーも最上級ですが、

子羊のカレーは最高に美味しかった。

 

入店すると、丁寧にお仕事されている事が感じられます。

丸太町周辺のカレー屋さんの中では、

最もおいしかったお店です。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です