ロードバイクの冬用装備がフルに揃う。アンダーシャツはコスパ最高。

一昨日の月曜日は、朝から張り切って長浜までサイクリング。

 

朝の気温は4℃くらいでしたが、

もうそんな寒さは怖くありません。

 

冬用グローブ、冬用アンダーシャツ、冬用靴下、

顔頭首ガード、ウインドブレーカー、シューズカバー、

ウインドジャケット、加えてホッカイロ等をフル装備。

 

一転して、脱水症状になりかけました。

平日サイクリングも調整が大変です。

 

防寒対策に備える

冬用装備を揃えました。

 

先週は末端の装備が未熟なまま10℃の中を走行。

あまりの寒さに神経衰弱になってしまいました。

 

通りすがりのサイクリストから、

なぜかカロリーメイトを寄附していただき。。。

 

この御恩は奉公で返すべく、冬用装備の充実を誓いました。

しかし、河原町のワイズロードに行ってもない!

せっかく実店舗に行っても売ってない!

 

そこで仕方なくAmazon揃えました。

本当は試着したかったのですが。。。

 

 

 

これだけでも十分だったのですが、

僕の様な貧弱なライダーでも、そこそこスピードがでます。

 

11月頭あたりから、脚の指がかじかむことがありました。

サイクリング用のシューズは通気性抜群だから、

冷え性だと即座に末端の体温が低下。

 

そこで顧問先のお薦めにより、シューズカバーを購入。

 

そして琵琶湖から吹く強風って、

吹っ飛ばされそうな時があります。

僕はしばしば、バランスが保てない時が。

 

風邪対策の為に、ウインドジャケットでも十分だったのですが、

大事をとって、ウインドブレーカーを買いました。

 

そして今度は一転、月曜は日中14℃まで上がり、

暑くてしかたありませんでした。

 

 買ってよかったアンダーシャツ

一番驚いたのは、0℃対応のアンダーシャツ。(Sサイズ)

薄くてピタッとしていて、

これで大丈夫?と心配でしたが。。。

 

全く風を通しません。そして薄いのに暖かい。

どうしてもっと早く買わなかったのだろう?

 

これは素晴らしい!

 

 

朝4℃の気温でも、アンダーシャツとウインドジャケット(0℃対応)だけで、

ちょっと寒いかしら?と感じる程度です。

 

9,350円→割引後7,300円で購入しましたが、

素晴らしいコストパフォーマンス。

 

サイクリングではこれから必須でしょう。

 

 冬は装備が大変

走行中はそこそこ暑くなり、ちょっと脱水気味に。。。

 

それでも、彦根で休憩したり、長浜でランチ中、

停止していると寒いのです。

冬用装備をフル着用の場合、日中10℃を超えると暑い。。

しかし、停止すると寒い。

 

冬は熱中症の危険性が夏より減りますが、

装備対策が難しいですね。

 

何より、ヒートテック、冬用アンダシャツ、ウインドジャケットなど、

3枚着ているだけで、夏場より身動きがしにくくなります。

 

サイクリングはやっぱり夏場が快適です。

 

 まとめ

ある程度走行していると、グローブが摩耗します。

 

100キロ程度の走行であれば、ぐったり疲れませんが、

手にかなりの負荷がかかっているんでしょう。

 

夏用グローブは1シーズンで3回買い替えています。

 

冬用の磨り減りが怖いと散財も増えるので、

やっぱりロードバイクはお金がかかります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。