ゲイ的税理士生活。男2人の食生活ってどんな感じ?どうせカップ麺や外食でしょ?

京都の税理士さんと談笑した際のこと。。

 

オレ「ほぼ毎日自炊しています。」

 

女性税理士「せんせの料理って、えい!ニラ!えい!にんにく!

ただの投入じゃないですか!もう、料理だなんて!冗談きついなあ~。」

(誇張しています。)

 

なぬ!

オレは栄養バランスを考慮してクッキングしている。

 

今日(4/30)だって、炎天下の微妙に寒い中、

150kmロードバイクで走行して大疲労の中、

頑張って2人分料理しました。

 

 

 

GW5/8までの特別編。

これがリアルってやつですよ。

 

 普段の料理は自分だけ

毎朝、相方と自分の弁当をクッキング。

 

相方は帰宅が21時なので、

夕食は自分のみクッキング。

 

そして土日は2人分作ったり、

自分だけの分を作ったり。

 

土日は相方も自由にしたいから、

あまり「こうだ!」と固定化せず、

自由にストレスなくやっていこうと考えています。

 

(浮気はしないと信頼しています。

 されてもオレは許してしまいます。)

 

しかし、「今日はオレの飯を作って」と言われると、

かなりの重荷です。

 

今日のように、朝から夕方までサイクリングして、

疲労の中作る夕食は、本当に面倒くさい。

 

しかし!

「どうせ男2人の夕食なんて、コンビニが外食なんでしょ。」

と思われたら、虫の居所が悪い。

 

草津→長浜→醒ヶ井と往復サイクリングで疲れた中、

頑張って手抜きの夕食を作りました。

 

疲れても35分で作ります

嗚呼!見た目が悪い。

 

手抜きであまり美味しくなさそうですが、

我ながら味は最高だったのです。

 

 

顧問先から貰った無農薬ほうれん草のおひたし。

水菜とトマトのサラダ。

 

アボカドとトマトのサラダ。

インゲンの豚肉巻のバジル風味焼き。

 

ブロッコリー、人参。スナップエンドウの蒸し野菜。

 

サイクリングで疲れた日は、

米の代わりにアボカドで不飽和脂肪酸を摂取。

 

インゲン豆はビタミンB群が豊富だから、

脂との相性よし。

 

豚肉と共にタンパク摂取。

味付けは塩コショウのみ。

 

ほうれん草や蒸し野菜は、

シンプルにオリーブオイルと塩でOK。

食べるラー油も美味しい。

 

基本的に、僕は味付けは薄めでシンプル。

物足りないなら、別途、調味料を足せばいい。

 

その為に、台湾調味料を揃えています。

 

そりゃ大した料理ではないけどさ、

45分で4品って、頑張った方だと思います。

 

 男2人でも基本は自炊です

カップ麵や冷凍食品は、殆ど口にしません。

 

デザートは概ね果物やナッツが多く、

時々、京都でカステラや羊羹などの和菓子を。

 

洋菓子は特別な時以外、

あまり購入することはありません。

(カステラは別です。)

 

ええ、基本は自炊です。

野菜やタンパクを多めに摂取するように心がけています。

 

なぜかって?

 

いつまでも若々しくいたいじゃない。

 

メンズの大事な部分だって、

いつまでも元気でいたいし。。。

 

夜のスキンシップだって、

いつまでも全力疾走したいじゃない。

 

食べたいものを食べるようにしていますが、

基本は自炊を心がけています。

 

カップ麵や外食に頼りません。

 

 まとめ

今回は、夕食の件について投稿しました。

複数分の料理って、本当に面倒です。

 

毎日毎日、また子供がいて仕事がある女性なら、

満身創痍かもしれません。

 

切って焼く、蒸す、煮るだけだって、

調味料の配合で味付けは大きく変化し、

調理時間だってかかります。

 

料理をしてくれたら、敬意を示しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。