税務署の記帳指導はここが大変。記帳指導で困難だったこと。

今週から記帳指導が始まりました。

 

税理士さんに人気が無いようなので、

今年も従事することにしましたが、

今年で本当に最後にしておきたいところです。

 

記帳指導のここが大変。

過去3回で感じた困難事情を投稿しておきます。

 

 

 

いいでしょ!

ここをロードバイクで走ると気持ちいい!

 

 ファーストコンタクトが取れない

ファーストコンタクトが最も難関。

ファーストコンタクトがなかなか取れません。

 

一昨年からはZOOMを利用するため、

メールアドレス、SMSでガンガンメールしますが、

2019年度は電話のみ。

 

全く繋がらない状況がつづきました。

台湾の空港や花蓮の山中にいる最中に連絡が来たり。

 

とはいうものの、現在も最初は電話します。

そして1度では繋がりません。

 

何とかしろよ。

明らかにくだらない非効率作業。

などとお国に対し、僕は言えません。。。。

 

例えSMSでメールを送っても、

連絡がないことも多いです。

 

連絡がないと、

予定は立てられない事が困ります。

 

ファーストコンタクトが最難関です。

 

当日や直前の日程変更

過去3回非常にストレスだったことは、

記帳指導直前の日程変更です。

 

そういう時に限って、

新規のお問い合わせや、

個別税務相談が予定されていたり。

 

また、当日数時間前のキャンセルや、

午後にして!等も何度かありました。

 

全ては良い意味での威厳がない僕が悪いのです。

 

しかし、そういうことが重なると、

もう従事することは止めようと思います。

 

1月に日程変更が相次ぐと、

どうしてもモヤモヤしてしまうから、

心のバランスが乱れます。

 

 2回目以降も全く記帳していない

指導日第1回目は記帳してない方が多いです。

特に新規開業者で簿記がわからない方の場合は仕方ありません。

 

記帳指導は簿記教室ではありませんが、

優しく優しくご指導しています。

 

しかし、1か月程経て2回目の指導日以降で、

「全く進んでいません。。。」

という方にもよく遭遇します。

 

全く記帳が進んでいないと、

記帳指導を行う意味がなく時間の無駄です。

 

全く記帳していません。という回がある方の場合、

最終回まで行ったとしても、

結局???で終わってしまう方も。

 

僕はそこで敢えて全く記帳していません。

という回を挽回することはしません。

 

記帳指導は納税者自身が自発的に申し込むため、

1回の機会を有用にするか否かは、

納税者次第だと考えているからです。

 

安易に5回目に延長することは、

純然たる税金の無駄遣いだからです。

 

 土日祝日を希望

個人事業の方は当然仕事があるので、

土日祝日を希望する方もいました。

 

記帳指導に従事した初年度は、

消費税の軽減税率等を含めて20件以上もあったので、

土日祝日に対応しましたが。。。

 

僕がピクピク!となるフレーズは、

「平日は本業の仕事がある。」というものです。

 

開業して以来、何度か「平日は本業の仕事がある。」

という言葉を耳にします。

 

会社員ではなく事業所得者の方から、

意外にもよく耳にするフレーズです。

 

本業って何なのだろう?

 

僕の仕事は税理士業であり、

以下は全て本業の税理士業です。

 

・税理士の業務

・HPの更新・アップ・不具合修正

・HPの税務投稿作成

・税務の勉強

・請求書等の発行

・自分の経理

・自分の確定申告

・ブログの投稿・更新・アップ・不具合修正

 

事業所得形成の為に取り巻く全ての行為は本業です。

 

故に、自身の経理や会計記帳は、

純然たる本来の業務でしょう。

 

副業であるはずありません。

 

土日祝日は自分の顧問先や個別税務相談対応、

HPの税務投稿作成、税務の勉強時間のため、

記帳指導を土日祝日に対応をすることは止めました。

 

本業の業務時間に対応してもらうようにしました。

 

 まとめ

記帳指導で大変だったことを投稿しました。

僕の記帳指導はややスパルタ教育です。

 

クラウド会計で連動させてOK!で済ませてしまう方の場合、

貸借・損益の各残高をとるという行為自体を知らない為、

一旦連動は止めさせます。

 

伝統的な簿記会計と帳簿記帳から叩き込みます。

 

僕の実家も手書きで帳面をつけていましたが、

手書きの場合、残高をとるという行為は、

教えなくても自然に身につくのですね。

 

だから訳も分からず効率性に頼るということは、

確実に脳みその1部を蝕んでいくことに気付きます。

 

毎回記帳指導に従事する度に、

基本がいかに大切なのか、

記帳指導という行為から教えられます。

 

また、効率的性というのは、

ベースとなる基礎を身に付けておくからこそ、

その利便性を享受できるのだと実感します。

 

こういうことを書くと古臭いと言われるから、

今後も大いに書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。