台湾 台中国立歌劇院へ行こう!カーブのフォルムが美しい。

このGWの出国ラッシュは4/28と5/3のようです。
僕は5/2に出国。

年末年始やGW,お盆は有給をとって出国と帰国をピークとずらしますが、それでも人多いです。
今日は台中の有名施設について紹介します。

台中で宿泊する場合、駅前のホテルを利用する人は多いと思います。
僕はいつも草悟廣場周辺に宿泊。

都会でありながら緑があり、若い方のクリエイティブな店や台湾的な飲食店も多く、かつ静かでおすすめです。

台中が住みやすいと聞いたとき、?と思いましたが数回宿泊すると何となくその意味が分かりました。
さて、台中で心落ち着ける施設があります。

なかなかの建物で圧倒されました。

昨年8月と今年の1月に2回訪問。
何度行っても楽しめます。

 

↓ 台中 国立歌劇院

 

設計者は日本人です!

建物はでかいです!

かなり圧倒されます!

歌劇院内部1

↓ 歌劇院の内部です。

写真はみんな思うままに撮ってました。

 

天井は当然かなりの高さ。
丸るみを帯びた壁のフォルムが何だか安らげます。

 

 

角ばった内装ではなく、全体的に緩やかなカーブが多く見受けられました。

 

 

こーんな感じでカーブが沢山。
日本の設計だとザ・ビルディングというものが多いですよね。
(でも設計者は日本人なんですが)

でもこういった丸みという空間は、非常に安心感があります。
仕事にも参考になりますね。

壁には文字が写しだされます。

 

歌劇院内部2

さて上に登っていくと、買い物ができるスペースが。
1Fにもあるのですが、上階の売り場はクリエイターの方の作品が並んでいます。
購入するならこちらがいいように思います。

↓ こーんな感じ

 

 

店員さんは若者です。
若いっていいですね。

若い=可能性の塊という事は、作品を見ていて感じます。
作品は購入できます。

歌劇院内部3

歌劇院なんで歌劇が行われます。
見たいなーと思いますが、時間がねえ。

今後は歌劇を見る目的で行こうと思います。
宣伝はこんなん。

歌劇院からの景色

歌劇院は落ち着いた場所にあります。
三越のそば。

 

周囲は高層マンションが立ち並びます。
大きな会社や公の機関?も並んでます。

工事中の建物も多いですが、ゆっくりするにはいい場所です。

高雄のウーパオチュンもあります!!

まとめ

昨年8月は歌劇院周辺までは自転車で行きました。

1月はタクシーで。

どちらでも楽しめます。

草悟廣場周辺からだと自転車で30分40分くらい?だったでしょうか。

いずれにしても、訪問して損はないです。

次回はオペラをぜひ見たいと思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です