花蓮の間違いない名店!Aimi Restaurant 餐飲館

GWで花蓮に行った飲食店の紹介です。

 

今回は台東メインだったため、花蓮は1日半の滞在でした。

寿豊、玉里、瑞穂、富源への訪問もあり、花蓮市内中心部は4時間程度。

 

しかし、今回もおいしいお店、定番のお店に行けました。

さて今日は、花蓮で今回初めて訪問したお店を紹介します。

 

お店の名前は漢字が読めません。

英語でAimi Restaurantというみたいです。

↓ 外観です

 

 

 

 

 

花蓮 Aimi Restaurant 基本情報

住所 花蓮市大同街4巷4。

 

花蓮美食街通りをまっすぐと、文化創意の方向へ向かいます。

欣欣飯店を超して、ファミマを通り過ぎて、御粥のお店を右に曲がりましょう。

 

そうすると、細い路地を曲がります。

 

 

 

日本語は通じません。

英語はばっちり通じますよ!

 

店員さんは、かなり堪能な英語でした。

しかし、メニューは中国語のみです。

パイナップルチャーハン

パイナップルチャーハンです。

台湾のチャーハンといえば、

台北の羊成小館のチャーハンが一番でしたが、それを上回るおいしさです。

 

パインも入っています。

パインの甘さは全く邪魔になりません。

 

日本ではやっているパラパラチャーハンではないですよ!

程よくパラパラですが、しっかとオイルが絡まっています。

 

そしてあっさりした味です。

 

かなりの衝撃なチャーハンでした。

今年の年末年始に訪問した時は、列ができていて諦めた店です。

 

このチャーハンを食べると、行列が納得できます。

 

味は中華ベースですが濃い味付けではありません。

お米の味がしっかりでるような味付けです。

 

海老料理

↓ 海老の料理(オシャレです)

 

 

 

海老をマヨネーズ?であえてあります。

ただのエビマヨではありません。

 

チャーハンと一緒に食べると最強です。

お酒が好きな人には、たまらない味付けです。

 

程よい塩味と、程よい酸味。

程よい海老のタンパク感。

 

間違いないでしょう。

魚の蒸し物

花蓮や台東で初めて訪問するお店では、

大抵の場合、魚の蒸し物をオーダーします。

 

そのお店の味付けがわかるからです

 

蒸した出汁をいただくと、意外!

タイ料理のような味がしました。

 

レモングラスが使われているようです。

↓ 本命の魚の蒸し物

 

 

魚の身が柔らかいこと!

写真ではわかりませんが、結構な大きさです。

 

香草が効いていて、しっかりと魚の白身とマッチしています。

こういった魚まるごと1匹を蒸したものって、

日本ではなかなか食べる機会がありません。

 

贅沢です。

まとめ

なぜ今までこのお店に行かなかったのか!?

っと思うくらいおいしいお店でした。

 

店員さんも、僕らが日本人だとわかると丁寧に料理の説明してくれました。

もちろん英語でね。

 

デザートのサービスがあります。

ドリンクは、紅茶をオーダー。

甘い紅茶です。

 

こういう時くらい、台湾独特の甘い紅茶もいいもんです。

ここのお店は間違いない!

お昼時は確か混み合ってました。

 

今回行った、平日の夜は比較的空いていました。

花蓮にいったら、西瓜大王と同じくらい行くべきお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です