世界共通電子マネーVisa payWaveを作ろう!海外旅行ではマストです。

ここ数年、現金を持つ機会がめっきり減りました。

財布には1000円と多少の小銭は入れておきますが、
殆ど持ち歩きません。

ほぼ電子マネーを使っています。
まあ、現金下してチャージをしていますが。

さて国をあげて推進されているこのキャッシュレス。

僕が現在住んでいる静岡では、大型店舗等以外やチェーン店以外は
あまり進んでいません。

日本は現金が堅実だから現金が一番いい、
なんて言っていられません。

なんせ2年後ですから、オリンピックは。

さて今日は電子マネーにおけるキャッシュレスについて考えたいと思います。

悠遊カード

日本のおける電子マネー状況

キャッシュレス=電子マネーというと、
多くの利用者はWAONやnanacoです。

都心ではsuicaが多いですよね。

現金でチャージできるのはもちろん、クレジッットからもチャージ可能です。
(個人的にはクレジットチャージはしませんが。)

他にも前払方式、後払方式(後日クレジットで請求)の電子マネーがありますが、
WAONやnanaco、suicaがあれば困ることはありません。

しかし、なかなか街中のチェーン店以外のレストランやカフェ、ショップ等では、
利用ができません。
(静岡では)

当然ですよね。

導入の手間がかかりますし、現金で受領すればいいだけの話です。

しかし、キャッシュレス時代がすでに到来しました。

世界の電子マネーVisa payWaveが来日!

海外に行くと思うのですが、日本は相当キャッスレスが遅れています。
高額紙幣や大金を持ち歩くのは、もはやありえないでしょう。

さて問題になるのはオリンピック時です。

日本円に慣れない外国の方が、1円、5円、10円、100円、500円を使い分けるなんて、
面倒だし大変ですよね。

僕も海外で硬貨を使う時、結構間違えます。

こんな時、電子マネーだったらこいった不便は解消されますね。

海外では後払い方式の「Visa payWave」という電子マネーが一般的です。

Visa payWaveは、レジでかざすと後日利用分がクレジット請求されます。
じゃあクレジットカードでいいじゃんと思いますが、

・クレジットと異なりかざすだけ

・面倒なサインや暗証番号不要

・スキミング、偽造など犯罪防止

・カードブランドを気にしなくていい

こんな利点があります。

悠遊カード2

悠遊カード2

ただ日本では馴染みがないと思います。
もちろん、僕も持ってません。

有名な話ですが、日本の電子マネーはFeliCaという機械で読み取ります。

しかし、Visa payWaveなど世界的に利用される電子マネーは、
FeliCaとは違う機械が使われます。

なので、日本独自に発達してしまったFeliCaがある以上、
国内ではVisa payWaveなどは広がりません。

というか、機器が異なるのでわざわざ広げる意味がありません。

しかし、来たるオリンピックに備えて、Visa payWaveに対するお店が広がるみたいです。

個人的には後払いというのはやや難がありますが、
海外へよく行くのであれば非常に便利です。

この機会に作っておくこともいいと感じます。

Visa payWaveの難点

しかし、Visa payWaveを日本人が持つにはやや難があります。

Visa payWaveは後払いでクレジット請求されるため、
クレジットカードと紐づけが必要。

しかし、どんなクレジットカードでもいいわけでありません。
Visa payWaveに対応したクレジットが必要です。

三井住友VISAであれば、Visa payWave対応クレジットが作成できます。

また数年前、出金手数料の大改悪を行った住信SBI銀行。
こちらなら、Visa payWave対応デビットカードが作成できます。

デビットカードなのでクレジットのように後払いではなく、
レジでかざすと同時に普通預金から出金されます。

個人的にはこちらがいいかもしれません。

いや、これはいい! → 住信SBI銀行HP

ウーライ温泉

ウーライ温泉

帳簿の現金も電子マネーに

仕事をしていてよくあると思いますが、帳簿上の現金って、
本当に会社にあるのでしょうか?

預金は通帳があるので疑いの余地はありません。
しかし現金においては、出納簿があるにしても現物があるかどうかは不明です。

そこで現ナマという概念をなくして、電子マネーとしてしまえば
会社の現金残は一目瞭然です。

そもそも手許現金が発生する原因は、預金からの出金と現金売上や回収以外にありません。

現ナマで受領するのではなく電子マネーで受け取れば、
帳簿残高と実際の有高に差が発生しません。

また、取引履歴は電子化されるため、
出納簿を作成する必要がありません。

個人的には、こういった面では電子マネーの普及というのは、
とてもいい事だと思います。

まとめ

多くの外国人が訪問する際に、できるだけお金を利用してもらいたいですよね。

大型店だけではなく、地方のお店にも来てもらいたいです。

海外旅行の楽しみとして、大都市ではなく地方都市で観光することが

楽しみである人も多くいると思います。

例えば台湾旅行!

といっても、実際は台北のみで観光する方が多いと思います。

ここ数年では高雄や台南が人気ですが、

いきなり花蓮や台東、その周辺の地方の街へ行く人は、

殆どいませんよね。

Visa payWaveが今後日本で広がるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です