台湾 台東観光の絶景。金樽と金樽珈琲。絶景を眺めながらスムージーに勤しむ。

【2018年8月のお盆の旅行記9 8月12日訪問】

台東絶景の紹介です。

8/12は台東バスステーションからから台湾好行「東海岸線」

を利用し都蘭へ行きました。

(バスステーションについてはこちら → 台湾 台東旅行の絶景。鹿野のパイナップル畑を散策する。)

さて今回は都蘭周辺ので絶景+グルメを数回に分けて紹介します。

まず、台湾好行「東海岸線」についてです。

台東 成功&三仙台行バス

台湾好行 東海岸線

台湾好行「東海岸線」は、「鹿野線」と同様、

台東バスステーション4番線から出ています。

都蘭へ行くには都蘭製糖工場で降ります。

東海岸線の路線です。

東海岸線1

少し見づらいですので、HPを参照しましょう。

時刻ものっています → HP台湾好行「東海岸線」

因みにこれにのれば有名な三仙台まで行けます。

台湾 台東 成功鎮の三仙台へ

この日は西洋の旅行者、地元の旅行者の方など結構乗られていました。

トラブル発生!

バスにのって風景を眺めて、後ろの西洋旅行者と会話して、

充実していました。

が、トラブルです!

降りるバス停で降りませんでした!

本来、「都蘭製糖工場」で降りる予定が、

「金樽」で降りてしまいました!

東海岸線2

「水住上流」から「都蘭製糖工場」までは歩いて10分そこそこですが、

「都蘭製糖工場」から「金樽」までは、10キロもあります。

やばいです。

しかし、「金樽」のバス停からは、通常のバス「県東客運」

も走っています。

当然ですが。

ただ、「金樽」について、しまった!どうしよう!

とバスを調べている間、「県東客運」のバスが通過してしまいました!

調べると、次のバスは1時間後です。

パートナーは凄い怒っています!!!

もう一気に険悪です!

rage

こういう時、トラブルに遭った時の対処法で、

その人の事よくわかりますよね。

きっとそういう時、「さあこんな時どうするか?」

と次なる対処法を、冷静に考えることができない人って、

仕事でもそうなんでしょうね。

ますます険悪になるんで、そんなこと口に出しませんでしたがね。

結局、12時半のバスまで待ちました。

「県東客運」のHPです → 県東客運

実際の所、「県東客運」を使いこなせば、かなり旅の範囲は広がります。

必ず確認できるよにしておきましょう!

因みに場所はこちらです。

台湾好行のバス停と県東客運のバス停は違います。

注意しましょう。

マップのバスのマークと実際のバス停が確認しましょう。

絶景の金樽

しかし、降りた「金樽」は絶景スポットでした。

車の駐車スペースも少しながらあり、

有名なスポットです。

以前、現地で購入したガイド本にものっていました。

金樽1

金樽2

こんなにきれいな風景です。

怒っていてはバカバカしいですね。

こんな美しい場所を楽しまないなんて損です!

台東 金樽3

金樽4

金樽5

金樽6

そもそも東海岸線に乗って、三仙台まで行くのに、

こういった美しいスポットはいくつもあります。

車で来ている人は、それぞれのスポットを転々としながらの人も

多くいるんでしょう。

現地で車が使えれば、そういった事も楽しめますがねー。

タクシー1日チャーターが現実的ですね。

絶景をみながらスムージー

さてそんな人が集まるのなら、当然カフェがありました。

カフェがあるということは、やはりスポットなんですね。

しかもかなり本格的なカフェでした。

店名は、「金樽珈琲」。

カフェはウッド調で、景色は最高です。

金樽珈琲

↓ メニューです。

席に座って紙にチェックをして、レジへ行きます。

金樽珈琲 メニュー

↓ オーダーのキウイスムージーです。

 

100元です。

こんな立派なスムージがあるんですよ。

カフェで果物のスムージーが安く美味しく味わえるのは、

真夏の台湾の醍醐味の1つです。

汗ダラダラでしたが、一気に冷えます。

こちらは激怒していたパートナーオーダー。

果物の紅茶です。

美しいですね。

金樽珈琲 紅茶

きれいな風景眺めながら、ぼーっとしているのも悪くないです。

周囲は家族連れが多く、

ウッド調のテーブルで、スムージーを飲みながらわいわい。

セミの鳴き声、海の波の音、青空と太陽の日差し、

そして人の声が合わさって、非常に心地いい。

非常に生活感と自然感を味わう事ができる空間でした。

ほんと失敗して「金樽」に来れてよかったです。

こういうのは旅の醍醐味です。

まとめ

たまたまでしたが、金樽にこれてよかったです。

旅先でバスでも電車でも、間違って降りた!という事は、

有り得ることだと思います。

そんな時、時間があれば散策して、美味しいものを見つけるものいいと思います。

東海岸線はバスから眺めていると、こういったスポットが点在しています。

車をチャーターして旅行するのもいいかもしれません。

◆◆◆今まで旅行した各地をアップしています◆◆◆

◆◆◆ぜひこちらへ◆◆◆→ 台湾Gallery 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です