台東観光グルメ糖廠咖啡。都蘭の日本家屋が懐かしい糖廠咖啡でスムージーに舌鼓。

【2018年8月のお盆の旅行記12 8月12日訪問】

台東の都蘭のグルメの紹介です。

「鄭記食為天」でこの8日間の旅行で最高の麺を食べたのち、

バスまで時間がありました。

 

なので、製糖工場内の日本カフェでまた更にデザートを食べる事に!

暑かったんで、ぜんぜんお腹に入りました。

 

お店の名前は「糖廠珈琲」です。

お店の内部です。

 

 

糖廠珈琲 基本情報

住所は台東縣東河鄉台東縣東河鄉都蘭村61號です。

↓地図です。

 

 

 

工場内に入って、日本風家屋を目にしたらそこです!

お店はかなり混んでいました。

 

工場内にはカフェや飲食店がいくつかありますが、

エアコンがあるお店がここだけだったと思います。

店内

店内です。

アイスバーも売っています。

バーを購入している人の方が多かったと思います。

 

 

 

店内です。

木造家屋の店内は、とても落ち着いていて静か。

日本家屋の造りをしています。

 

 

立派な梁です。

リノベーション工事したんですね。

 

 

店内ではずっと米津玄師が流れていました。

人気があるんでしょうか?

メニュー オーダー

メニュー画像はありません。

オーダーは僕はマンゴースムージです。

 

 

 

100元くらいでしたが、でかい!

こちらとってもマンゴーです。

 

氷という点ではかき氷と変わりません。

ただ、スムージーというのは非常に果物の味を

直に感じれるものだと気づきました。

 

もちろん、果物本来の味を楽しむには、

そのままを食べるに勝るものはありません。

 

しかし、夏場の果物の楽しみとして、

スムージーがこれほど果物の味を直接感じれるものとは、

今まで知りませんでした。

 

この日、数時間前に「金樽」でキウイのスムージーが絶品でしたが、

こちらのマンゴースムージーも、正にマンゴーそのものでした。

 

シェンファービンよりスムージーがおすすめです。

 

こちらはパートナーのオーダー、黒糖スムージー。

 

 

 

優しい甘さです。

ほんわかしていて、しかし素朴な甘さは黒糖特有です。

 

こういうスムージーもいいですね。

日本では数百円ではなかなか食せません。

 

このスムージーは以外にでかいです!

量があります!

 

とても暑い日だったのですが、食べ終わると寒くてたまりません。

温度調節には注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です