台湾 台東観光グルメ名店。都蘭の鄭記食為天。この旅行で一番の台湾麺を食す。

【2018年8月のお盆の旅行記11 8月12日訪問】

台東の都蘭のグルメの紹介です。

「逗留豆遊」でまったりレモンを堪能した後、

目当ての飲食店へ!

お店の名前は、「鄭記食為天」です。

地元では人気店のよう。

現地のガイド本にも載っており、「逗留豆遊」の店員さんも、

テイクアウトして食べていました。

↓ 外観です。

鄭記食為天 外観

ザ・台湾の飲食店です。

これです。こういうのです。

鄭記食為天 基本情報

↓ 地図です。

都蘭製糖工場Bのバス停で降りると、

すぐ真向かえです。

迷うことはありません。

昼の時間を少し外し、13:30ころに伺いましたが、

それでも混んでいました。

頑張って2席を確保。

オーダーは店に入ってから、メニューとペンを受取りましょう。

オーダー

メニューの画像は忘れました。

というか、店内の熱気と混み具合に圧倒されました。

↓ 乾麺です

鄭記食為天 乾麺

これです!

この旅行一番おいしかった料理です。

この乾麺は麺のコシといい、汁の味といい、トッピングといい、

全てがマッチして不甲斐ない美味しさでした。

醤油のあっさり汁と麺の味がマッチ。

汁が旨い。ご飯にかけたい美味しさ。

麺も旨い。

適量の香味野菜が汁と麺の調和を引き立たせます。

乾麺って、茹でたてはもちろんおいしいです。

しかし冷めた後もスポットレスな美味しさです。

温かいうちに麺と汁が混ざり、冷めると味が落ち着いてきます。

そこが個人的な乾麺の食べごろです。

まさか都蘭でこんなに素晴らしい麺にであえるなんて。

↓ 湯麺です。

鄭記食為天 湯麺

パートナーのオーダーです。

湯麺というと、塩ベースのあっさりスープです。

こちらもおいしそうでした。

スープをいただきましたが、日本に持ち帰りたい味でした。

店内は小皿もあります。

鄭記食為天 店内

食べたい場合は、ササッと持っていきましょう。

まとめ

この後、製糖工場の更にデザートを食べるため、

1品にしておきましたが、

数種類食べたいと、確実に感じるお店です。

店内は激コミでしたが、少し時間を外して行きましょう。

おそらく満足できるお店だと思います。

店員さんは英語ができます。

日本語は通じませんが、英語ならまず意思が伝わります。

安心です。

◆◆◆今まで旅行した各地をアップしています◆◆◆

◆◆◆ぜひこちらへ◆◆◆→ 台湾Gallery 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です