勤務税理士の思案2。後輩に対する指導に悩む。

退職する旨を伝えて早2カ月が経過。
ここ最近は、後輩へ仕事を振るようにしました。

引き継ぐ先は、積極的に後輩が処理をしています。

このままサラリーマンを辞めれば、これから後輩という存在は、
一生できないのかもしれません。

会社勤めで1つ後悔があるとすれば、
同僚に指導するということがあまりなかったことです。

前にも書きましたが、自分の目線を下げるという事は、
非常に困難だと思うからです。

そういう機会は大切だったなと。

さて後輩対する指導は、どのように行えばいいのでしょう?

銀行などのしっかりした企業と異なり、
僕の経験上、会計事務所に「OJT」というものはまず存在しません。

「こうに決まってるだろ。こんなこともわからんか?」
などよく聞きますよね。

今までに、癇癪起こしそうなこともありました。

しかし、「OJT」がないということは、
自由に指導ができるという事でもあります。

今日は、僕が今現在行っている指導について書きます。

consideration

税理士試験の勉強をしろなんて言わない

今の事務所に入り、1年後に後輩が入ってきました。

僕が試験合格後、ボスから言われたことで、
「(後輩)くんに、税理士試験の勉強をするように言いなさい。」

という事がよくありました。
1回や2回ではなかったと思います。

当然ですが、僕が後輩にそんな事いうはずありません。

確かにボスのいう気持ちもわかりますがね。

試験勉強はあくまでも試験勉強。

必ずしもそれが実務直結したり、
法令を正確に読みこなすという事にはならない事が多いです。

しかし、新しい知識を事務所全体で底上げするという点では、
僕はその考えに賛同できます。

改正点などは、テキストにとてもわかりやすく書いてありますよね。

知識のアップデートや深みという点では、
受験生の方が上かもしれません。

upset

 

ただ、例え会計事務所に勤務していようが、勤務していまいが、
税理士試験の勉強をするという事は、個人の自由です。

仕事を終えた後、遊ぼうが勉強しようが、
個人の勝手であり、他者が制約したり、決定する権利はありません。

もしも制約される環境にいるのであれば、
さっさと抜けた方がいいです。

何より人に言われてやる事など、本人の血や肉には全くなりません。

なので、僕は後輩に税理士試験の勉強しようよ!
頑張ろうよ!

などとは言いません。

試験を受験した人間であればわかると思います。

人によりその境遇や事情、環境など多くの状況が異なるにせよ、
試験自体が長期化になることが多いです。

20代というのは、何もなくても光り輝く年齢ですからね。

他人の人生に責任は持てませんからね。

改正点は必ず勉強しよう

しかしながら、必ずその年の改正点は必ず目を通しましょうとは言います。

僕も100%改正点は網羅してます!
とはとても言えませんが、普段の仕事で特に重要な部分は、
必ず頭に入れるようにはしています。

以前勤務していた事務所では、改正点を学ぶという事は、
ほとんどありませんでした。

当時は僕自身、会計業界1年目、2年目だったこともあり、
それが重要だという事に気付きませんでした。

周りも改正点の勉強はしている様子はなく、
上司から指導もなく。

しかし、それでいいはずがありません。

銀行員時代、いろんな種類の融資や金融商品について覚えました。

それは特別な事ではなく、自社の商品知識を頭に入れることは、
営業マンにとって当然だと思います。

会計事務所勤務では、改正点がそれにあたると個人的に考えています。

rage

 

改正本は早ければ2月末から発売され、3月にはかなり多く出版されます。

国税庁や厚生労働省、経済産業省の資料と合わせてみれば、
全てではないにしろ理解は深まります。

仕事をしている以上、脳みそのアップデートは誰もが必要です。

まあ、僕も自分で改正本を買うようになったのは、
試験に合格した後なんですがね。。。

ただ、家に帰って勉強しろなんて思いません。
それは個人の自由だから。

仕事中、時間があるときに、目を通すようにすればいいです。
あとは本人次第ですよね。

フリーにクリエイティブに

後輩君によく指導するときに、一通り自分の方法を言った後には、
「自由に独創的に、創造的に仕事しましょう。」

と言います。

要するに、
「好きなようでいい。」

という事です。

これには賛否両論。

なぜなら、自由のという事が一番難しいからです。

free&easy

実際仕事をするときは、他人から1つ1つ指示された方が楽です。
自分で考えなくていいですからね。

しかし、会計事務所の仕事って、ある程度勤務していると単調になりがちです。

独創的、クリエイティブという点が見当たりません。
そもそもそういった事を嫌う業界です。。

でもそれでは毎日つまらないですよね。

ほんと数字と文章の羅列って眠たくなります。
分厚い法令集なんて広げませんが、
どうせならもっとヴィヴィッドとデザインにしてほしいですね。

会計事務所って、何だか仕事の内容も道具も、
グレーやブラウンやカーキといったイメージがあります。

顧客に迷惑がかからない限り、自由に独創的に、創造的に仕事をした方が、
みている方も楽しいです。

思いっきり自由にやって、思いっきり間違えてほしいと感じます。

あとはボスが監督すればいいだけの話ですからね。

まとめ

時代が変わるにつれて、指導も変わるのだと思います。

僕が社会人1年目の時、メモをとれ!1度しか言わない!
とよく言われました。

僕はわからない場合、何度でも聞いてもらって結構。

一度で覚えるのであれば、先輩は要りません。

「一度で覚えるつもりで」という精神論が圧力になるのであれば、
それもまた不要です。

メモをとる事に脳みそを使うなら、
しっかり話を聞いたほうがいい。

メモなんて、スマホのメモでいいと思います。

そんなこというと、また怒られてしまいますがね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です