台東観光グルメ関山便當。弁当台湾の米の産地で関山便當を食す。

【2018年8月のお盆の旅行記15 8月13日訪問】

台東のグルメの紹介です。

鹿野へ「立品有機茶園」で蜜香紅茶等を購入後、タクシーを呼んでもらい、関山へ。

 

10分程度なので、よいコースかもしれません。

武陵へ行こうかと思ったのですがやめました。

 

関山の訪問は3回目。

 

ここにはお薦めのお店が多くあります。

お米のお土産屋さんも。今回、ランチのお店を迷いました。

 

台湾料理、客家料理もよかったのですが、関山に来たならやはりこれです!

 

「関山便當」です。関山米を食べない事は理不尽。

米というと池上が有名ですが、関山も同じくらい米の産地です。

 

↓ 名刺です。

 

 

関山便當 基本情報

住所は台東縣關山鎮和平路83號です。

↓ 地図です。

 

若干歩きますが、気になりません。

到達するまで、気になるお店がたくさんありますよ。

 

↓ 外観です。

台湾で見かける「便當」という文字が、なんだかかわいい。

 

 

 

↓店内の様子です。

平日の為、それほど人はいませんでした。

休日は混み合うため、怖気ずにすわりましょう。

 

 

 

メニュー オーダー

↓ メニューです。

 

だいたいの人は1,2,3をオーダーしていました。

チキンがついてくるから、ガッツリ食べていました。

 

エネルギッシュで、生命を感じます。

 

 

 

僕は5の関山弁当(野菜系)をオーダー。

 

 

 

 

 

 

野菜っていっても御覧の通り、お肉もたくさん。

右うえの赤っぽい、サラミみたなのですが、このよく台湾で目にします。

 

わかりやすくいうと、(名前を忘れました)ソーセージのようなものですが、

非常に深みのある味で、コクがあり、噛むたびに味が引き出てきます。

 

日本には持って帰れないのが残念。

お米はやはりおいしいです。

 

日本のようなふっくらもっちりではなく、少し固め。

チャーハンには非常に相性がいいお米です。

 

僕はやはり台湾のお米が好き。

なぜなら、弁当に使われるくらいなので、冷めてもおいしいから。

 

どの弁当も100元しないため、お腹に余裕があるなら、複数食べてもいいですね。

お土産

さて、台東「老東台米台目」に続き購入した瓶詰がこちら。

 

ごはんのおともです。もちろん肉は入っていません。

ピリっとした辛さがきます。

 

ご飯のそのままでもいいですが、炒め物のアクセントとしても美味です。

蓋を開けると、台湾の匂いが。。。

朝食は、これと白いご飯でOKですよ。

 

注意ですが、こちらも手作りのため、蓋の圧縮が弱いようでした。

若干、液漏れがあったので、購入の際は、ビニール、輪ゴム、

タオル等包むものの準備が必須です。

まとめ

関山にはランチで気になったお店が沢山あったんですね。

しかし、パートナーが弁当がいいと言い出したため、急遽弁当に。

 

時間があれば今度は関山の米の学校、パン屋や鍋、客家料理に行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です