台湾 花蓮観光グルメ名店。寿豊の御楓寿司屋。全てを兼ね揃えた炒飯。

【2018年8月のお盆の旅行記22 8月15日訪問】

花蓮のグルメの紹介です。

先日の吉安が不完全燃焼だったため、

急遽、寿豊へ行くことに!

 

そこでお腹が空いたため、

以前気になった寿司屋へ行きます。

お店の名前は「御楓寿司屋」です。

 

台湾でお寿司屋さんへ入るのは、久しぶりです。

 

 

御楓寿司屋 基本情報

住所は花蓮県壽豐鄉壽山路5號。

↓ 地図です。

 

 

花蓮から電車で寿豊駅まで行きましょう。

タロコ、プユマ号も止まる駅です。

駅舎も新しく大きな駅ですが、改札に人はいません。

 

 

 

 

 

メニュー オーダー

メニュー

お店に入ったら、人数を伝えてメニューとペンを受取り座ります。

日本語や英語は通じませんが、心配不要です。

 

価格はもちろん高めです。

寿司ですからね。。。

 

しかし、台北や台中、高雄で食べた時よりかは、

ぜんぜん安いです。店内はきれいです。

 

開店と同時に入りましたが、激混みでした。

 

 

 

 

 

 

炒飯

鮭炒飯です。

この旅行一番の炒飯です。

 

 

 

これですよ。

こういうのですよ、炒飯とは!

 

炒飯とは油と米を食うんですよ。

具材はそんなに豪勢なものではないです。

 

鮭切り身、玉子、ニンジン、ネギ。

鮭が生きてます。

鮭の味だけで、調味料は十分です。

 

あっさりの味なんですが、鮭の風で他の塩味は不要です。

炒飯って、つくづく職人技だと感じます。

 

どうしてこんなにおいしいのでしょう?

そして個性がでるのでしょう?

 

余計な塩味がなく、油といい、米の具合といい、具材といい、

全ての比率がよい。

 

具材が米と油を邪魔していません。

もうこれで圧倒です。

寿司

海苔巻きとおいなりさんの盛りです。

この後、まだ行く店や観光があったので少なめに。

 

台湾に行くとよく、朝食で巻きずしが売られています。

 

 

きれいなんですよね。

茶色い部分ありますよね。

 

ここが甘くておいしいです。

 

お店によってはナッツ粉が入っていたり。

酢も甘めなんで、食が進みます。

 

台湾のお寿司は、台湾米の感じが人によって好き嫌いがあるかもしれません。

タイ料理が好きな人は、違和感なく楽しめると思います。

海苔巻きうまいです。

 

中の具材の組み合わせが、子供の頃に食べた、

甘めの太巻きを思い出します。

まとめ

本当は握りも食べたかったのですが、ここは我慢しました。

寿豊駅周辺には、美味しいお店がいくつかあります。

 

どれのお店も地元の方で混んでいます。

いい時間帯を選んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です