台湾 花蓮観光グルメ名店 親愛的小籠包。評価は人それぞれですが、十分安くて美味しいです。

【2018年8月のお盆の旅行記25 8月16日訪問】

花蓮のグルメの紹介です。

さてこの時は花蓮最終日。

 

できれば台湾料理が食べたいですが、1週間も滞在していると、

普通に米とたくあんが食べたくなります。

そこで初めて行くお店で、軽めの台湾料理を食べる事に。

 

評価は人によりわかれるようですが、気になったお店です。

お店の名前は「親愛的小籠包」

↓ 名刺です。

 

 

親愛的小籠包 基本情報

住所は花蓮縣花蓮市民國路91號。

地図です。

グルメ通りの花蓮文化へ向かいます。

 

比較的新しいお店。

GW、年始に花蓮へ行った時もあったと思います。

 

店内です。

 

 

テーブルは9台ほど。

テイクアウトをする人の方が多いようです。

1人で来ている方がチラホラ。

店内は非常にきれいです。

メニュー 品

評価がわかれているようなので、ちょっとドキドキ!

しかし冒険もいいよね。

お店の入り口でメニューとペンを貰います。

メニュー

メニュー自体はシンプルです。

値段は少し高めでしょうか。

上海小籠包

上海バージョンの小籠包です。

ドキドキしましたが、あれ?おいしい!

美味しいです。

 

僕が好きな皮がちょっと集めのタイプの小籠包です。

熱々でおいしい。

 

港式小籠包

港式バーションです。

こちらの方がややコッテリした味です。

うん、とっても美味しいです。

 

皮が厚めなので、しっかり噛みしめることができます。

皮の小麦の味+中の餡を楽しみたいんですよね。

 

青菜

青菜だったと思いますが、なんかお肉がかかっています。

しかし、これはこれでうまい。

白いご飯とこちらで十分だったかもしれません。

 

いやいや、とても美味しいお店ですよ。

青菜とお肉のたれが合います。

 

 

乾麺

僕が大好き乾麺。

上にかかっているお肉の汁といい、麺の具合といい、

いい感じです。

こってり系の乾麺を食べたい場合は、丁度いいかもしれません。

 

スープ

蛤のスープも熱々でした。

口こみとは違って、味付けもあっさりで、非常においしかったです。

蛤のだしと塩ベースの味付けは、非常にマッチしていました。

 

まとめ

口コミではそれほど評価は高くなかったのですが、

十分に美味しいディナーでした。

1人で行動している時には、入りやすいお店かもしれません。

 

僕は皮が集めな小籠包、また公正のような肉まんみたいな小籠包が好きです。

皮が薄い小籠包が好きな人には、ややもの足りないかもしれません。

満足できるお店でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です