障害者雇用の水増しの問題点。みんなでそれぞれ把握しよう。

今日は父親の手術の立会いに総合病院へ。

院内で迷ってしまい、ウロウロ。

朝だったので、沢山の方がお掃除をされてました。

障害を持った方でもテキパキ働いてます。

どんな人でも一緒に働ける社会って素晴らしいですよね。

 

さて、いくつかの役所では障害者雇用の水増しが問題になっています。

ここ最近のニュースでは一番の衝撃でした。

しかし、この水増しは一体何が問題なんでしょうか?

ちょっと考えたいと思います。

神聖な蓮の前で

お金の側面の問題

税理士業界の仕事につき、そして今の事務所に入り初めて知った事。

税効果会計の計算してる際、障害者雇用納付金という事を知りました。

事業所税を知った時よりも、結構な衝撃でした。

障害者雇用納付金とは

障害者雇用納付金とは、簡単に言うと例えば、

会社は国から障害者を毎月5名雇いなさい。と言われます。

しかし、会社は毎月3名しか雇いませんでした。

 

そうなると年間で、2人×12月=24人の不足です。

不足人数×50,000円=1,200,000円を払いなさい。

と言われます。

 

要するに罰金です。

 

えっ、何それ?そんな事に税金かけるの?

って思いますよね?

しかも支払った時に経費にしなさいだなんて!

 

おかしな制度でびっくりしました。

honesty

一般企業では罰金

さて、今回役所は故意ではないにしろ、雇用される障害者を水増していました。

規定の人数に満たなくても、おとがめはありません。

しかし、一般企業でしたら「間違えちゃった!」は通用しません。

前述の罰金を支払います。

 

そして国税庁も水増しが発覚。

でも役所が罰金を払うことはありません。

 

大半の役所の方は、懸命に働いていますよね。

窓口でも電話でも、非常に丁寧親切です。

心無い意見もありますがね。

お偉い方々は、しっかり管理をする体制が急務です。

組織内部の問題

お金(罰金)の問題以上に大切な事は、

同じ職場に障害をもった方がいるという事が、把握できていない事です。

水増ししてもわからないとうことは、

大抵の場合、誰も把握していない、共有されていないという事です。

 

実際の雇用数と本人を照合することは、大きな役所であればできそうに感じますが。。

 

たしかに過度に注意することは、お互いに神経をすり減らしますし疲れます。

しかし、お互いに助け合い、支え合っていくのであれば、

誰が何を大変とするか、どんな障害があるのか、みんなで把握していくことは必要です。

 

プライバシーの問題等はありますが、支え合っている社会の実現のため、

役所の偉い方はぜひ、これを機に管理を改善してもらいたいですね。

まとめ

公の機関でも管理の問題は当然あると思います。

みんな同じ人間なので、仕方がない事だと思います。

ただし、失敗やエラーは今までのシステムを見直すいい機会のはずです。

うまく役所内で改善が進むといいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です