台湾旅行記 台東 王記釋迦。濃厚エレガントな釈迦頭を嗜む。

台東へ行くなら台東の名産を食べるのが正解です。

台東名産 釈迦頭の専門店の紹介です。

【訪問時 2018.12.29】

今回は初日の夜に訪問した、釈迦頭専門店「王記釋迦」

今までは夜市で購入していましたが、今回は専門店へ。

イケメンでスレンダーな若者が店員さんです。

釈迦頭は今回の旅行のメインの1つです。

↓ 外観です。

 

王記釋迦 基本情報と雑記

住所は台東市光明路189號。

地図です。

台東市内中心部の賑やかな通りにあります。

店先にはこんな風に並んでます。

可愛い果物ですよね。

 

 

 

 

 

付近には他に果物専門店もあります。

そこでは、ドラゴンフルーツやパッションフルーツを買いました。

パッションは10個で70元程しません。

 

日本円で280円程です。

日本では、280円ではパッションフルーツ1個も買えません。

勿論、台東という物価の違いもありますが。

↓ 一部です。

 

 

購入と実食

釈迦頭実食です。

大きなもの1つ買いました。

まだ堅いため、29日に購入し、食べたのは3日の朝です。

 

所々黒くなり、ぶよぶよしていると食べごろと聞きました。

夜市で購入したときは、丁度食べごろを購入できることが多いです。

今回はお店のお兄さんから、in 3~4 days と言われました。

少し堅いかな?と思いましたが、

開いたらかなり柔らかかったです。

 

 

 

内部です。

熟すとポロンととれます。

 

 

濃厚なクリーミーな味わい。

 

 

ここからスプーンですくいます。

 

 

熟すとクリームみたくなるため、こんな感じにすくえます。

 

濃厚で非常に高い糖分、しかしとても上品な甘さです。

ねっとりした甘さに虜になります。

 

熟したものをスプーンで食べるのが、一番いい方法です。

毎回感じますが、現地台東で釈迦頭を食べる事は、

非常に贅沢な事です。

輸出も始まるようですが、ここはやはり本物を食べるのが正解です。

まとめ

価格は46元でした。

因みに最終日、たまたま台北で釈迦頭を目にしたときは、

120元でした。

断然、台東で食べる方がいいですね。

他の果物もしかり。

今回はドラゴンフルーツ、パイン、パッションフルーツも購入したため、

釈迦頭は1つだけにしました。

これらを買って食べるのも、いい楽しみです。

なお、ナイフ、スプーン、フォーク、ナプキンは必ず日本から持参しましょう。

台東駅にも釈迦頭はありました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です