台湾 花蓮観光グルメ名店。朝食をとるなら廟口紅茶。朝にぴたっりな台湾料理が勢ぞろい。

台湾の朝食というと、僕は大体果物を食べます。

市場でマンゴー、パッション、バナナ、釈迦頭、スイカを買います。

でもやはり台湾らしい朝食も食べたくなりますよね?

花蓮で台湾の朝食を食べるなら「廟口紅茶」です。

訪問日は2019.01.03です。

朝7時くらいでしたが、満席でした。(すぐに座れましたが。)

しかし01.01に通りかかった時は、もう凄い行列で諦めました。

↓外観です。

廟口紅茶

廟口紅茶 基本情報

住所は花蓮市成功街218號。

↓地図です。

 

ガイドブックにも記載があるかと思います。

でもローカル感たっぷりなので、怖気づに入りましょう。

 

店内です。

値段も30元前後で非常にお手頃。

蛋餅や粽、麺包など、朝食が勢ぞろい。

 

 

 

ケースにはマカロンやサンドイッチも。

台湾で食べる朝食もマカロンも美味しいですよね。

 

 

パイプから紅茶が出てくる有名なお店です。

 

 

オーダー等

まず粽です。

朝食なので控えめに。

シンプルですが、粽独特のもっちり感が絶妙です。

朝に食べるのであれば、豪華な粽より、シンプルな方がお薦めです。

 

紅豆湯です。

日本でいうお汁粉とは少し違います。

お汁粉よりももっとさらっとしていて、甘さは控えめです。

豆本来の味と甘みを楽しむスープ。

デザートではなく、もはやスープです。

あっさりした小豆にホッとなります。

紅豆湯

 

蛋餅です。

これが旨かった!

蛋餅は台中が有名ですが、こちらのお店もなかなかです。

蛋餅は、程よく焼かれた卵が、もっちりしたクレープ生地で巻かれています。

お店によって具材のバリエーションは異なります。

でもシンプルに卵が一番美味しい。

クレープの程よいもっちり感と油分がマッチしています。

ぺちゃっとしておらず、ふっくらした蛋餅でお腹にも優しい味です。

蛋餅

 

このまま駅まで歩いたため、紅茶もオーダー。

甘いですが、不思議なフレーバー。

紅茶

 

さて会計です。

日本円で600円くらいです。

意外にも紅豆湯が一番高いです。

蛋餅や粽は大満足ですが、お値段はお手頃です。

会計

 

まとめ

市内中心部で朝食が沢山ある通りとは少し離れますが、

気にならない距離です。

花蓮に来た時は、お薦めの朝食屋さんです。

お店に座るのがちょっと気になる人は、テイクでも食べてみる価値がある朝食です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です