静岡が誇る静岡の名店 「ななや 静岡抹茶SWEETS FACTORY」

地元静岡の名店の紹介です。

先週草津に旅経つ前に久しぶりに寄りました。

静岡で抹茶アイスが食べたい!というとまずこのお店です。

製菓工房は藤枝市にありますが、静岡の中心街にもお店を構えているため、

まず誰もが頭に浮かぶと思います。

 

お店の名前は「ななや 静岡抹茶SWEETS FACTORY」

県外からもよく観光客が来ています。

地元の人は、藤枝の菓子工房へ行く人も多いです。

↓外観です。

ななや 外観

↓名刺です。

ななや 基本情報

住所は静岡県静岡市葵区両替町2丁目3−1。

青葉公園通りにのぼりがでています。

↓地図です。

今や日本では有名になった静岡発祥のキルフェボンを通り過ぎ、

横断報道を渡ったら、抹茶の香りがしてきます。

 

店内の入り口には抹茶について書かれています。

抹茶のお店は他にもありますが、多くの種類があることが、

ななやの売りだと感じます。

アイスだけでなく、抹茶チョコレートも種類が豊富です。

藤枝のお店では、いろんな種類のお茶のお菓子、そして珍しい緑茶も売られています。

ななやのメニュー

店内に入るとケースの中にアイスが並びます。

下の段が全て抹茶です。

濃さが7段階になっており、右が最も濃いレベル7です。

レベル7の濃さは注意してください!

ものには適度という事があります。

 

一番右が最も濃いです。

料金もちょっと高めです。

レベル4くらいが食べやすくて一番おいしさを感じれると思います。

 

 

抹茶のアイスだけでなく、ほうじ茶や玄米茶、さくらのアイスもあります。

季節限定のアイスも並び、抹茶とハーフ&ハーフでのオーダーがお薦めです。

特に、濃い抹茶のアイスを食べる場合、ほうじ茶か桜のアイスで苦みを中和するのがお薦めです。

時々、季節限定で甘めのアイスもあるため、1つは抹茶、もう1つは甘めの方が、

抹茶の美味しさが引き立ちます。

 

価格表です。

コーンもあり、カップもあり、パフェもあります。

オーダーは抹茶レベル4とほうじ茶です。

 

420円くらいで小ぶりに見えますが、店員さんはけっこうぎっちり詰めてくれます。

緑が鮮やかです。

ほうじ茶の色があるので、余計にその緑が引き立ちます。

レベル4でも抹茶の苦みが十分伝わります。

抹茶って、ガツガツ食べるものではないですよね。

なので、ちょっとでいいんですよね。

メインはほうじ茶の香ばしさを味わいながら、片手間で抹茶の苦みでお口直しです。

 

うん、やっぱり美味しい。。

草津に立つ前にこれてよかったです。

藤枝店では多くの種類の茶葉がおかれています。

珍しいものやアールグレイ、ジャスミン系も売られています。

 

街中だけでなく、時間があれば藤枝の店舗もおすすめです。

まとめ

ななやは静岡を代表する抹茶のお店です。

県外から来るかたも多く、何かのガイド本にのっているんでしょうか?

土日は結構混んでいます。

11時からなので、早めにいって店内でゆっくり選びましょう。

静岡の街中でも茶葉や他のお菓子は売られていますが、

藤枝のお店の方が断然種類は多いです。

ぜひ、藤枝のお店に行きましょう。

 

ちなみに藤枝店は、静岡県藤枝市内瀬戸141−1。

↓地図です。ぜったいこちらがオススメ!静岡街中から30分少々で行けます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です