台湾 台北観光グルメ 「萬福號」。1品1品保たれている味の予定調和がいい。

5月の旅行前に、出し惜しみしていた年始の旅行最後の記事です。

【訪問日2019.01.05】

帰国前の前日に1人でフラフラしていたら小腹がすきました。

5,6年位前に一度うかがい再訪しました。

お店の名前は「萬福號」

細い路地を抜けると、すぐそばには寧夏夜市があります。

日本人観光客では、通りかかったことがある方も沢山いると思います。

↓外観です。

外観

萬福號 基本情報

住所は台北市大同區重慶北路二段29號。

すぐそばには以前書いた「福田一方鳳梨酥」があります。

↓地図です。

南京西路から重慶北二段を曲がり、「福田一方鳳梨酥」に向かって歩いていくと、

こんな看板が目に入ってきます。

 

何回か通り過ぎたんですが、混み合っている光景は目にしてませんでした。

まあ、すぐそばに夜市がありますしね。

少し歩けば迪化街なんで、あまり観光でガツガツ通らないのかもしれません。

お昼時はテイクアウトのお客さんが多くました。

メニューやオーダー

店内はこじんまりとしていますが、とても綺麗です。

台湾らしい食堂といった感じです。

1人でもとても入りやすい雰囲気です。

テーブルが5つほど。

ガヤガヤしていなく、1人旅にはちょうどいいかもしれません。

ザ・中華を堪能したい人には、少し物足りないかも。

でもこういった風情の方が好きだったりします。

 

メニューです。

台北の割にはお手頃かなと思います。

あっ!でもご飯系は85元するんですね!

ちょっと高いなあ。

 

 刈包(角煮のバーガー)

角煮のバーガーです。

パクチーが適切な量でトッピングされています。

ザ・台湾料理です。パンがもちっとふんわりしています。

お肉は厚めですが柔らかく、しつこくないあっさりした味付け。

ピーナッツパウダーがいいアクセントになっています。

小ぶりのように感じますが、食べてみるとお腹にたまります。

これは結構美味しいですよ!

包

刈包

 肉粽

贅沢にも肉粽です。

ほどよい大きさです。

北部の蒸し粽はふっくらしています。

うん、おいしい。

刈包も同様ですが、味付けがいい

割としっかりした味付けですが、うるさくなく複数の品を食べてもうるさくない

主張がないと言ってしまえばそれまでですが、食欲が増殖される美味しさです。

肉粽

肉粽

 三鮮丸湯

やっぱり食事にはスープです。

実はこのスープが一番おいしかったです。

そう、やっぱり味付けがいい。

そしてつみれも旨い。

食事をする人の目線から考えられています。(勝手にそう感じます)

刈包と粽を食べた後でも、スープの味をしっかり感じます。

食べる順番によっては、塩味が強いものがあり、スープの旨みがわからなくなるお店もあります。

1品1品の味の調和が保たれています。

あっさりした味ですが、魚のだしがしっかりしています。

しめにはちょうどいい優しいスープです。

 

3品135元でお腹いっぱいです。

1人で台湾料理を楽しみたい場合にはよいお店だと思います。

まとめ

台北って沢山お店がありますが、1人だとちょっとためらう事がありました。

観光客相手のお店だと、1人だと悪いかなあ?と思います。

そんな時は、こじんまりしたお店の方だったり、ローカルなお店の方が入りやすかったり。

「萬福號」は、初めての場合でも、1人旅でも入りやすくて美味しいお店だと思います。

さてHP作成に苦戦しています。

5/7には出国するため、それまでにアップしなくてはいけません。

まあ、アップして手直し手直ししていけばいいんですがね。。。

【今日の言葉】

struggle :苦戦する

必ずforを一緒に使う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です