滋賀県守山市のワーキングスペース「TORKS」。少しづつ自分の生活ツールを取り戻していこう。

滋賀県へ完全に引っ越して1か月程になりますが、

ここの所、自宅居ると、何だかとてもネガティブになる時があります。

自宅で1人、PCをポチポチするのもネガティヴに拍車をかけるので、

ワーキングスペースを探しましたが、滋賀って少ないんですね。

 

静岡ですら、立派なワーキングスペースが沢山あったのに。

とはいうものの、京都まで行くのもねえ。。。

 

そこで気分上々すべく、草津駅から自転車で20分少々の守山駅まで、

ワーキングスペースの利用に行きました。

思いのほか、すっごく居心地よくてビックリ。

 

ワーキングスペースの名前は「TORKS」さん。

↓名刺です。

 

 

 

TORKS 基本情報

住所は滋賀県守山市浮気町300-15グランドメゾン守山115。

守山駅からすぐ側です。

絶対迷いません。

 

ちなみに僕は自転車で行きました。

草津駅から20分少々です。

↓地図です。

 

TORKSさんについて

実は滋賀に来て、いくつかワーキングスペースを利用したのですが、

あまり自分が思っていたものとは合わず。。。

以前、たまたま京都のワーキングスペースを利用した事があるのですが、

電車賃使って、京都まで行く気にもならず。。

 

TORKSさんの存在も知っていたのですが、

月だいたい10回までは無料ということなので、

あまり良くないんじゃ。。。と、勝手に悪い想像をしていました。

 

しかし、その想像を遥かに上回る場所でした。

外観は本当にマンションの1階部分です。

 

 

 

内装はびっくりするくらい、とってもオシャレ。

HPで見ていた通り、オシャレなバーかと思いました。

 

内装デザインや、備品のセンスが本当にいい。

静岡にいた時に利用していた、ワーキングスペース、丸井のエニシアみたい。

 

 

 

本も充実しています。

そしてディスプレイもクール!

普段全く読まないジャンルの本って、凄く気になりますよね。

 

こういうセンスって、僕は大好き。

税理士事務所のような、整然としたザ・オフィスではなく、

リッラクスした空間で作業できるって、本当は当然のことなのかもしれませb。

 

僕は普段、ビジネス書は全く読まず、最新医学や応用化学の本ばっかり読んでるんで、

こういうビジネス系って、凄く気になります。

(だったら読めばいいんですがね。。。)

 

 

 

窓際も陽が差し込んで良い感じ。

机もソファも、硬すぎず柔らかすぎず、座り心地がいいです。

これこれ!

こういうの探していたんすよ!

 

 

どんなセンスの店主なのか、凄く気になります。

1つ1つのパーツがとっても魅力的。

 

 

あらかじめリサーチしていましたが、とても半信半疑でした。

月10回くらいまでは無料というのが、本当に?って思いますよね。

でも本当でした。

そして有料会員は、月額5000円。

って、安い!

京都や滋賀の他のワーキングスペースでも、ドロップインは大体1,000円から2,000円

月額会員は10,000円から15,000円くらい。

 

月額5,000円というと、業界最安値と言われる、丸井のエニシアと同額です。

スペースや無料ドリンク等はかないませんが、

それでもオシャレな空間と、無料若しくは5,000円という価格は凄いと感じます。

 

ゆったりとした音楽も流れ、いい環境です。

ここから生活ツールを取り戻していこう

さて人間って、自分の慣れ親しんだ環境を離れることは、

とってもストレスだとつくづく感じています。

 

高齢の方が、「今の生活環境を変えたくない、施設に入りたくない。」

という理由が、よくわかる気が。

 

若い時は、まだ自分の生活基盤が定まらない為、

学校や就職で環境が変化しても、精神がそれに追いついていくのでしょう。

 

しかし、就職して生活もある程度落ち着いて、生活基盤が整ってしまった後では、

一からそれを築いていくことになり、それには非常に体力が必要なんでしょうね。

 

今まで僕は、そんな事にも無頓着でしたが、

今は痛いほどその気持ちがわかります。

 

生活基盤というと、何も仕事や知り合いだけではないんですよね。

 

通いなれたスーパー、ジムやプール、顔なじみの飲食店や雑貨屋、焼き菓子屋さん。

そこで毎日何かしら、人と接することになります。

言葉を交わして、多少のふれあいがあります。

自然に顔なじみの人ができ、そんな日常の些細な出来事が、生きていく糧になるのですね。

 

そんな生活のツールというものを全て失うと、人間ってやっぱり弱いものです。

少なくとも僕は、何だかこのところ、ネガティブでした。

(元々、負の感情というものは嫌いではないのですが。)

 

しかし、今の自分の環境の中で、自分の生活ツールを取り戻す事は、

自分で行動していく以外、方法はないのですね。

 

収入がないのだから、出来るだけお金は使わず家にいた方がいい。。。

 

そういった情報もよく耳にします。

そんな概念にとらわれていましたが、そんなのやめてしまおうと思います。

それは僕には全く合わないんですね。

 

通い慣れたお店や、顔なじみのお店がないのであれば、

通い慣れればいいだけの事なのでしょう。

 

自分が持っていた生活ツールを、

これから取り戻していきます。

 

まとめ

明日、もう1件、滋賀県の他のワーキングスペースにも行って、

会員になろうか決めようと思います。

どちらも駅から1分程度なんですが、自宅から自転車で30分程度なんで、

自転車で行ける範囲内。

 

「TORKS」さんは、居心地がよくて、とってもいい環境です。

滋賀県のワーキングスペースの中では、断然お薦めです。

 

今日の言葉

get accustomed :慣れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です