嘉義の老舗ベーカリー蓬萊漢堡。老舗パン屋さんの懐かしくも美しいハンバーガー。

今回の台湾は、北回帰線が通る嘉義です。

ここから熱帯地方に属する嘉義です。

あの「KANO」の嘉義です。

 

何んとなーく行きたくなり、一人旅の最

中に予定変更して、

行ってしまいました。

 

そこでまた美味しいものに出会いました。

お店の名前は、「蓬萊漢堡」。

めっちゃくちゃ老舗地元のパン屋さんです。

↓名刺です。

 

蓬萊漢堡 基本情報

住所は嘉義市東區中山路365號。

↓地図です。

有名な噴水公園の通りです。

 

ふらーっと歩いていると見落としてしまいますが、

こんな看板が見えてきます。

 

随分と看板に年期が入っています。

そしてザ・台湾ともとれる字体です。

赤い文字というのが、中華系を連想させます。

 

 

ほら!

なんかいい感じですよね。こういう店構え。

僕が子供の時も、こんな感じの大判焼きのお店が近所にありました。

懐かしい。。。

 

僕が行ったときは人だかりができていて、気になってお店の存在に気が付きました。

この窓越しでは、ハンバーグと野菜が焼かれています。

店内

お店の外観です。

並ぶ並ぶでっかく、美味しそうなパンの数々。

ケーキが殆ど150円前後で購入できるのが、何とも心がくすぐられます。

嘉義って、比較的大きな街に入ると思いますが、

昔ながらのパン屋さんも残っているんですね。

 

 

 

でっかいプリンと、シーブスとらしき物体が気になりますが。

「檸檬天使って!」

ロールケーキも気になります。

 

1人旅だと、こういう時たくさん買えませんよね。

お腹の容量にの制限が、一人では厳しくなります。

そういう所、一人だと残念ですよね。。。

 

 

 

オーダー

実はこの日(5/15)、嘉義についてから、ぐるっと町を散策してたり、

球場へ行ったり、嘉義神社まで歩きました。

それらの紹介は、また後日になりますが、神社まで行くとかなりの距離があり大疲労。

そこで人だかりに魅了され、なぜかハンバーガーを買ってしまいました。

 

こんな可愛い紙の箱に入れてくれました。

35元でした。130円くらいです。

何とも可愛い。

そして素晴らしく美しい。

 

 

中身は、ちょっとくっちゃり。

子供の時、近所にあったソフトクリーム屋さんのハンバーガーみたい。

プールサイドの売店的な、そういうお店です。

 

パンと肉、炒めたキャベツと玉ねぎが挟まれています。

ちょっと恐る恐る食べてみました。

 

 

 

食べると驚きます。

「旨い!」

期待がなかっただけに、「旨い!」

パン屋さんだけあって、パンが旨いです。

 

チェーン店のハンバーガーと違って、パンがふっくらしています。

そして店頭で調理されていたハンバーグが美味しい。

はっきり言って、マ○ドナル○のハンバーガーより、断然美味しい。

 

ぺちゃっとしてそうですが、そんなことない。

がっつり肉とパンの旨みが感じられるバーガーです。

適度な肉の油と、適度な油分の炒め野菜がいい!

 

そうですよ。

おしゃれなバンズなんて不要。

高級肉なんて不要。

シャキシャキの新鮮野菜なんて不要。

 

これがハンバーガーとして、清く美しく正しい姿です。

ガッツリいくからこそ、ハンバーガーです。

確かにこれが35元(130円)くらいであれば、ちょっと並んでも買いたくなります。

まとめ

「蓬萊漢堡」はおばあちゃんの店員さんも優しくて、

パンも美味しくてとってもいいお店。

嘉義に泊まることがあれば、朝食として、パンの購入をお薦めします。

それにしても、ショーケースのデザートは美味しそう。

嘉義での宿泊がてら、宿でデザートを食べるのもいいと思います。

 

嘉義の町や「KANO」については、また気が向いた時に投稿します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です