独立当初の当初って一体いつまでが当初なの?

数日までから蝉の鳴き声が聞こえるようになりました。

滋賀県は静岡と同様に自然豊かで、空気も綺麗。

美しい田んぼもあり、蝉の鳴き声が絵になります。

 

で、えっ!もしかしてもう夏かしら?なんて、時の流れに驚きもしました。

 

そういえば、いろいろブログを読んでいると「独立当初は大変で。。。」

といった文言をよく目にします。

当初って非常に便利な単語で、

「まあまあ、当初だから暇だよー」

って大義名分となりますが、そしても僕はいつも疑問に感じます。

 

「独立当初」の当初って、いつからいつまでが当初なの?

当初の期間とは

グーグルによると、当初とは、はじめの時らしいです。

えっ!すっごい抽象的!

 

そういうってすっごい嫌。

何とでも言えてしまう所得税法第37条と同じくらい大嫌い。

 

そういう時は英語で考えてみます。

当初とは、at first や at the beginning を使いますが、あっ!同じですね。

当初って意味は、やはり「初め」という意味なんでしょう。

 

そこで気の弱い僕は不安に陥ります。

「当初は大変だった。」

ということは「当初が終わったら大変じゃ困るよね」的な事が頭をよぎります。

 

もしかして僕の当初はとっくに終わっているのでは?

概念は自分次第

そういえば、以前東京でセミナーに参加した後の懇親会で、

同じような質問をした事がありました。

僕自身は特段ITに強くはない為、とても素朴な疑問で、

「よくHPで見かけるITに強いって、何を基準にして強いんですか?」

と聞いてみました。

 

僕はあまり空気を読むことが得意ではないのか、

「あれ?何かまずい事聞いちゃった?」

と後悔しましたが、何となく会話をしていてその答えは把握できた気がします。

 

当初っていつまでが当初なのかと同様で、それは話し手が決める事なんだと思います。

1か月先でも、1年先でも、話し手である自分が既に確実に予定している事について、ingを使用するのと同様に、

自分がまだ初めたばかりと思えば、当初なのかもしれません。

 

当初の期間を決めるのは自分次第。

何だかそんな事を真面目に考えていると、怖くなりますよね。

だって1年経っても当初だったら、マネーフォワードでしっかり僕のこづかいを管理している

嫁に殴られそうですからね。

基準やものさしだって結局自分次第

僕はあまり人の目が気になりません。

他人はそれ程自分の事を気にしていない事は、36歳にもなればわかります。

しかし、見ず知らずの他人とは大いに比べてしまいます。

 

不運にもSNSが発達した現代では、他人の情報を把握する事なんて楽勝です。

そして他人と比べて毎日、イチイチ落ち込んでいます。

 

「幸せの基準は自分で決めるもの」

「最終的な成功は自分が決めるもの」

 

確かにそうなのかもしれません。

僕もこの年齢になり、それが1つの模範とすべき正解であると思います。

が、非常に難解な2元1次方程式でもあります。

 

ただ、人間そんなに「はい!そうです!」なんて、簡単な生き物ではないですよね。

 

例えば、辛い時や悲しい時に、「元気だそう!」なんて思い、

無理に楽しい音楽聞いて無理やり元気を出そうとしても、ぜんぜん元気になりません。

そもそも、そんなのはおかしいです。

 

それが可能であれば、嬉しくて楽しい時に、「悲しくなろう!」って思い、

無理やり悲しくなれるかって問うたら、なれるはずありません。

 

話し手にとって、あらゆる基準が自由なのであれば、

今はとことん他人と比べて、イチイチ落ち込もうと思います。

 

そういうのって、本当は精神衛生上よくないですよね。

しかし会社員だった時、他人と比較して、わざわざ一人で落ち込むことはありませんでした。

だから今はまだ、この上なく他人と比較しない限り、「幸せや成功は自分で決めるもの」

という境地に降りる事が出来ません。

まとめ

一般的に○○の当初というと、やはり1か月、2カ月のスパンのようです。

冷静に考えると、1か月くらいかなと思います。

○○して間もない時、と同じ使い方が可能なので、1か月でも長いくらいですよね。

 

そういえば、2008年に3科目目の簿記論に合格した年の試験は、

受験会場の大学で校舎を間違えてしまい、

今から問題配りまーす!の直前で着席した事がありました。

 

今後どういう人生を歩んでいくのであれ、そんな風に独立当初を振り返る事が出来るのであれば、

とことん他人と比べることも悪くないのだと感じます。

最新の税務記事

2019.07.22所得税損失申告書の作成手順その3。赤字の事業所得と黒字の雑所得や一時所得があるとき。

今日の言葉

whatsoever:一切~でない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です