花蓮旅行で牛肉麺を食べるならローカルで人気の老郷牛肉面館

花蓮の小籠包!と言えば、誰もが思い浮かぶお店がありますが、

牛肉麺!と言えば、イマイチ思い浮かびませんでした。

2019.05の旅行時に、フラフラ彷徨っていたら、

うわ!昼時に満員のお店が!

 

お店の名前は牛肉麺がメインの「老郷牛肉面館」。

そういえば、花蓮で牛肉麺を食べるのは、意外にも初めてかも。

お昼時は素通りして、夕方5時半にお邪魔しました。

↓名刺です。

 

 

老郷牛肉面館 基本情報

住所は花蓮市國興五街196之5號。

駅へ向かう道を歩いた事が人なら誰もが通る大通り、

中山路の85℃珈琲の角を左にまがります。

↓地図です。

 

 

外観です。

台湾らしい食堂のような感じです。

店内には既に人がおり、僕は一人で円卓に座るよう指示されました。

 

 

 

 

そしてどんどん人が入ってくる!

1人で円卓だと、とても肩身が合狭い。。。。

 

 

っと感じているのは、日本人だけのようです。

こういう時は、気にせず食事を楽しみましょう。

 

メニュー オーダー小菜

メニューです。

凄くシンプル。

 

 

ここは変に冒険せず、お店の売りの原味牛肉麺130元をオーダーするのが正解でしょう。

(今までの経験上。)

とはいうものの、それではちょっと寂しいので、小菜30元を2皿選びました。

 

小菜はどこのお店でも、基本的にセルフです。

メニューの小菜に数量を書いて、後は自分で勝手に選びます。

 

「勝手にとっていいのかな?」

と悩みますが、いいんです。

セルブですから。

 

僕はブロッコリーと昆布とインゲンみたいなのをオーダー。

こういうのとてもいい!

 

 

ブロッコリーは適度な油分で和えられおり、

ツルっとしてやや塩味があり食べやすい。

旅行中のビタミン補給には、小菜が最適です。

 

昆布も美味しい。

日本の昆布巻と異なり、非常にさっぱりした味付けです。

緑のお野菜も、適度なオイリー感と塩味と甘さがあり、

これらと白いご飯だけでも十分。

 

 

この昆布が非常に美味しくてビビりました。

そして小菜2皿は僕にとって量が多く、

1人にも関わらずまたやってしまいました!

 

原味牛肉麺

そしてメインの牛肉麺です。

これは旨い!

僕は牛肉麺の肉がどうも苦手だったんです!

 

なんか脂分が多いというか。。。

しかしこちらのお店は肉が引き締まっており、嫌な脂分がない!

脂分の旨みがスープに染み出ており、非常に麺との絡みます。

 

 

脂分がスープと混合している為、確かにスープの味はこってり感がありますが、

後に残らないあっさり感があります。

やや縮れた面が更に食欲をそそります。

 

 

牛肉麺の脂分がちょっと苦手な方でも、

楽しむことができるお店です。

まとめ

「老郷牛肉面館」に入ったのは、2019.05の16日間の旅行の4日目でした。

ここで牛肉麺の旨さに遂に目覚め、その後の12日間では結構、牛肉麺を食べる事に。。

しかし、「老郷牛肉面館」が一番おいしく感じました。

花蓮旅行では、ぜひ「老郷牛肉面館」で牛肉麺を食べましょう。

最新の税務記事

2019.08.01所得税の修正申告書の書き方とその注意事項

今日の言葉

fly to:飛行機で~に行く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です