それでもやっぱり1人が好き

何度も書いていますが、僕は1人が大好きです。

「誰にも干渉されず黙々」といった空間がとても大好き。

ええ、1人カラオケや1人焼肉などは難易度が低く、旅行するなら断然1人派です。

 

しかしここ最近、ワーキングスペースで作業をしていて、グッと寂しくなることが。。。

そして同僚と会話をする会社員を見ると、ちょっと羨ましく感じる事が。。。

同僚どうして酔っ払った会社員を見ると、「いいなー」と、

もう一人の自分がつぶやきます。

 

あれ?やっぱり1人って寂しくない?

 

最近ちょっと寂しいみたい

8月に1人旅行から帰国して、今まで通り守山駅そばのワーキングスペース「TORKS」に居ます。

しかし最近、ちょっと寂しい。

ええ、ぜんぜん人が来ません。

 

元々それ程人がいたわけでもなかったのですが、僕以外に数名会員がいるはずです。

そして盗み聞ぎをしていると、みなさんフリーで仕事をされているよう。

 

会員は月額5000円。

8時から21時まで年中無休で使用OK。

非会員は火曜と土日以外は月10日まで無料とあり、以前はそれなりにポツポツ人は来ていました。

それがここ数週間程は、なぜか僕ただ1人の事が多く。

 

店主の趣味の音楽が流れる中、1人ポチポチしていますが。。

さすがに段々と寂しくなります。

 

外を眺めていると、同僚とニコニコ顔で駅に向かう会社員たちが!

 

「一日お疲れさん。課長ムカつくよな。頭くるわー。」

と微笑ましい会話が。

 

「気にすんなよ、後輩。オレがいるじゃねか!明日も会社来いよ!」

と会計事務所勤務では、到底聞いたことがない素晴らしい先輩の会話が!

 

ああ、いいな。もう就職してしまおうよ!といった警笛が脳に広がります。

あれ?俺は1人は苦手になってしまったのでしょうか?

旅行中だって寂しくなる

旅行でも時々1人が寂しくなる事があります。

ええ、周囲でワイワイの中、僕1人ポツンとしていると、賑やかさが懐かしく感じて。

 

大勢でワイワイという行動は苦手で避けているにも関わらず、

時としてそれを望む自分がいる事に、つくづく人間って勝手だと認識しています。

 

昔から1人の旅行が好きですが、1人旅の楽しさが何だったのか?

と改めて考えてみると、1人で自由に行動できる部分だけではありません。

むしろ、それは大きな制約であり、それほどメリットを感じません。

 

1人旅の最も大きな楽しさはどこにあるのか?

それは楽しいことも、トラブルや不明で困っている事を、

全て自分1人で対処していかなくてはならない部分です。

1人旅はトラブルやアクシデントも自分1人で対処が楽しい

知らない場所へ行くとき、大抵は事前に調べます。

しかし鉄道では訪問できず、バスやタクシー、またはレンタサイクルで乗り継ぎが必要な時、

現地では絶対にすんなり行かないですよね。

 

中華系の方の英語は比較的聞きやすいのですが、

交通機関に勤務する方に限って、めちゃくちゃ流暢でハイスピードな英語を返されます。

そんな時はどうにか自分で対処するしかありません。

 

また、事前に調べた方法が古いことなどはよくあり、

バスが変更されていたり、時間も先月変わっていたり。

 

路線を間違えて、人が居なそうなところで降りてしまったり、

山と海しかない駅で降りてしまったり。

そして本日のバスはもうありません。と言われ、夕暮れガクガクしたり。

 

しかし、こんな僕でもどうにか対処できています。

自分1人の場合、おそらく人間って即座に適切な回答を導く能力があるんでしょう。

その時々で、最も最善な解決法が今まで浮かびました。

(めちゃくちゃ通りすがりの人に迷惑かけますが。。。)

その場その場で1人で考え対応する事が、僕は1人旅では一番のおもしろさだと感じます。

 

また、僕はよく旅行中に体調を崩します。

5月の旅行では、16日間の初日に転倒し骨折したり、

突然発熱をして、病院を探したり。(大きな街ならすぐ病院へいけるんですがね。。。)

 

ええ、4年程前には、カオションで股間が痛くなるという最悪なアクシデントも。

(原因は長期間の旅行と睡眠不足による疲れでした。)

パスポートが行方不明になったり、熱中症になったり、乗り継ぎが間に合わなかったり。

(旅行向いてないのかも。。。)

 

やっぱりそんなトラブルも、自分1人で対象しなくてはなりませんが、

自分1人だとどうすれば最善の策か?

不思議と即座に考える事ができます。

 

ネガティブで暗い僕でも、どうにか対処できています。

来月37歳にもなりますが、今更冒険しているようで、それが面白さだと痛感しています。

それでも1人が好き

現在、僕への仕事の問い合わせはポツポツ程度であり、偉そうな事は言えませんが、

自分1人で悩んだり、落ち込んだり、どうにかしなくてはならない事もあり、

そんな過程を面白く感じます。

感覚的には旅行中に、1人でどうにかしなくてはいけないといった部分と同様です。

 

今まで誤っていましたが、僕が今感じる1人で仕事をする面白さとは、おそらくそういった部分です。

 

誰にも干渉されないから自由!

自分が想うサービスができる!

通勤や勤務時間の拘束もないし!

自分で自由に意思決定できるし!

少なくとも、僕にとってはそれらは1人の面白さではなく、制約にすぎません。

 

1人で悩んでいると、確かにモンモンとしてきます。

今でさえ、いいなー同僚との会話。楽しそう。。。

ワーキングスペースでも、「そうか!みんな売れっ子で忙しんだ!だから来ないんだな!」

と、ようやく自分がランク外の事実に気づきました。

 

しかしそれでもやっぱり、僕は1人が好きです。

まとめ

相変わらずワーキングスペースは1人が多いのですが、

自宅開業の僕には、単発の税務相談には役立つ場所です。

「TORKS」はでっかいスパイダーマンがいるため、カフェ的な場所です。

いい場所なのでおすすめです。

最新の税務記事

2019.09.07 フリーランスのブログ運営費用を必要経費にする時の注意事項

今日の言葉

大っ嫌い: least favorite

彼は私の友人です:他是我的朋友ピンインは tā shì wǒ de péng yǒu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です