屏東観光グルメ潮州鼎昌号。潮州鎮は屏東県のグルメの宝庫。潮州鼎昌号で和風芋圓を楽しむ。

屏東県って花蓮や台東と同じくらい広いです。

広い!というと、行ってみたくなる街が沢山あります。

2019.08屏東滞在中、電車に乗ってやや南下して知られざるグルメ産地

「潮州」へちょこっと訪問しました。

 

潮州の街を散策している最中、気になって立ち寄ったお店が「潮州鼎昌号」。

潮州駅は、列車の終点とされる事も多く、気になっていた街です。

初めて行きましたが、ええ、案の定結構大きくて元気な街でした。

 

 

駅自体はかなり大きく、しかしあまり人はおらず。

でも迫力ある駅舎って素敵。

 

 

やっぱりこういうのがあるんですよね。

あまり興味はありませんが、見ているだけでにぎやかです。

 

 

 

潮州鼎昌号 基本情報

さて訪問したお店は潮州鼎昌号の住所は屏東縣潮州鎮文化路42號。

↓地図です。

 

周辺は本当にグルメの宝庫。

びっくりするくらい美味しそうな匂いが漂います。

8月の南部と東部は暑い!

だから街を散策して体力を失うと、脳が冷たいものを欲します。

 

そんな時、こんな和風な外観が!

なんかとっても懐かしい。

 

 

店内も日本の昔のお店っぽい。

というか、わざわざ取り寄せた?

やっぱりこういうお店があるからこそ、アマゾン輸出やebayせどりが成り立つんですね。

 

 

 

平日の昼前はだれもおらず。。。

でもこんな可愛い和風に癒されます。

鬼太郎はどこで手にいれたんだろ?

 

 

メニュー オーダー

メニューです。

 

意外に品数が多い!

しかも安い!

もっと高いかと思った。(内装的に)

 

うわー、どでも綺麗で美味しそう。

でもタピオカが!

ええ、僕はタピオカは苦手です。

 

 

マンゴーかき氷も110元。悪くはないね。

こうやってみると、タピオカ美味しそうに感じます。

 

 

 

ここはランチ前だったので、セーブしてオーダー。

おススメの総合芋圓です。

 

大き目の器でちょっとびっくり。

これで50元ですから。

 

なんとも美しい完璧な絵。

やっぱり台湾スイーツは素晴らしい。

抹茶の豆花がきれい。。。

かなーりつるンってしていました。

 

シロップが黒糖っぽくてあっさりしています。

芋圓にも合う。

 

食べ進めていくと、雰囲気が変わりました。

抹茶が終わると、仙草やハト麦や紅豆やら。

 

重たすぎないシロップの為、炭水化物であっても胃が重たくなりません。

紅豆の穀物の味がしっかりわかります。

 

個人的に、紅豆とはと麦って本当に好き。

黒糖系のシロップだと、豆の旨さが引き立ちます。

 

仙草ゼリーも濃くて美味しい。

暑い時は、やっぱり仙草+紅豆*はと麦+芋圓に限ります。

 

 

 

まとめ

メニューは豊富でかき氷も美味しそう。

テイクアウトでアイスが入ったたい焼きを買う人も。

お店も清潔でくつろげます。

 

そして翌日、屏東市内をあるいていたところ、同じお店を発見!

でも潮州が本店です。

次回は屏東市内の潮州鼎昌号について書きます。

最新の税務記事

2019.09.07 フリーランスのブログ運営費用を必要経費にする時の注意事項

今日の言葉

あんた変だよ: You look a bit strange

とてもきれいだね:太漂亮了  Tāi  piàoliang le

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です