屏東観光グルメ竹田郷 豆油伯純醸醤油。日本人の口に合う台湾調味料を買うなら豆油伯純醸醤油がおススメ。

2019.08の1人旅、潮州へ行った帰りにふと、竹田駅に途中下車。

空がゴロゴロ言ってましたが、竹田には行きたいスポットがありました。

ええ、醤油と言えば、雲林が有名ですが、竹田にも醤油製造所があります。

 

屏東県竹田の醤油製造所といえば、「豆油伯純醸醤油」。

ええ、ここにバーベキューソースを買いにいきました。

↓外観です。

 

豆油伯純醸醤油 基本情報

住所は屏東縣竹田鄉豐振路2-8號です。

↓地図です。

 

場所はレトロで有名な竹田駅をグルリと回ってすぐ側。

人通りの少ない駅ですが、実はとってもオシャレな珈琲屋さんが2軒もあります。

 

グルメの宝庫である潮州からは1駅の為、屏東旅行の時には比較的行きやすい場所です。

小さな町なので、とっても静か。

 

1人旅にはもってこいのスポットです。

しかし、駅周辺の竹田駅園には蚊が多いので注意しましょう。

 

 

歴史的建造物も、年月が経てばオシャレに感じます。

電車を少し見送って、1時間程ここでぼーっとしていました。

 

途中、激しい雷雨になり、自然の稲光と雨の音と共に、

1人で外を眺めている時間も、なかなかいいものです。

 

なお、周辺のオシャレなカフェはまた後日投稿します。

 

 

駅周辺は様々な植物が自生しています。

キンカンが綺麗。

台湾って、何でも育つんですね。

 

 

店内と購入したもの

店内の様子です。

店員さんがとっても親切でフレンドリー。

どんどん試食を進めてくれます。

 

瓶が醤油です。

いろいろなフレーバーがあります。

 

小さな瓶は、様々な味醤油のソースです。

 

 

僕は醤油のソースを目的に訪問しました。

バーベキュー、ピリ辛、甘め等、4種類の醤油ソースがありました。

 

乾麺や野菜炒めの調味料として重宝します。

ええ、1瓶200元しないので、とてもお手頃な台湾調味料です。

 

 

贈り物にも最適です。

 

 

いろいろな醤油の商品がそろっています。

小さめの瓶の醤油を買えばよかったかなー。

 

台湾独特の、ちょっと甘目の醤油って好きなんですよね。

 

麻辣醬(バーベキュー醤油)をソースを購入し、ソフトクリームを購入。

しまった!ここは黒い醤油ソフトが売りなのに、間違えて普通のソフトクリームにしてしまった!

 

 

 

残念な思いを隠し切れず、食べながら歩いていると、

ただのソフトクリームではない事に気づきました。

 

ええ、とっても濃厚な豆乳のソフトクリームでした。

ソフトクリームに醤油をかけていただきます。

 

ええ、甘目の醤油と濃い豆乳がとっても合うんです。

ジメジメ暑かったので、一気に完食。

爽やかな美味しさが広がりましたが、醤油ソースのため喉が渇きます。

 

台湾調味料では今まで、豆腐乳、チリソース、唐辛子ラー油などを購入しましたが、

醤油ソースが一番使いやすいかもしれません。

 

蒸し野菜にも、茹で肉、野菜炒めなど幅広く使用可能。

醤油という事もあり、オールマイティなのでお土産にもお薦めです。

まとめ

豆油伯純醸醤油では、様々な醤油製品が販売されています。

台湾調味料の中では、圧倒的に日本人の口に合います。

 

豆腐乳やラー油はやや癖がある為、お土産に買うのであれば、とってもおすすめ。

屏東や潮州観光でも行きやすい場所の為、ぜひ訪問しましょう。

 

最新の税務記事

2019.10.11適格請求書発行事業者の登録の取消し届出書の提出時期に関する注意事項

今日の言葉

もう一回教えて!: Could you say me that again?

あけましておめでとう:Xīnnián kuàilè ピンインは新年快乐

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です