営業ツールの自己表現は自分が得意な手段が一番。

夏以降、ポツリポツリとHPから問い合わせをいただき、

僕も一応は税理士を名乗り人と接しています。

 

まだそれ程数は多くありませんが、何回か対応をしていて、ふと違和感を感じました。

 

通常は、初対面の際に、自己紹介などから入ります。

自分のスタンスやテイストから話していくと思います。

 

しかし、先日も問い合わせ先に初めて訪問した時も、

僕は自己紹介等を殆どしていませんでした。

 

プロフィールを、わざわざ隅々まで読んでいただいていたようです。

 

↓信楽 陶芸の森

プロフィールは意外に読まれていた

自己紹介をあまりしなかった理由、正確にはする必要がなかったのですが、

HPから問い合わせがある場合、100%の確率でプロフィールと僕の事務所のスタンスを見てくださっているようでした。

 

僕は自分の嗜好や考え、略歴は、ブログやHPのプロフィールで、

かなり詳細に記載しているつもりです。

 

だから改めての自己紹介は不要だったようです。

 

そういえば、6月に僕が尊敬している千葉県の税理士の方のセミナーに参加した時も、

ネットからのお客さんは、皆プロフィールをよく見ていると言ってました。

 

ええ、今更グーグルアナリティクを分析したところ、

確かにこのブログのプロフィールも、事務所HPのプロフィールもよく読まれています。

 

また、僕が思う仕事のスタンスである事務所の特徴も、結構な割合で読まれています。

とても意外でした。

 

僕のこのブログは、どちらかと言えば趣味嗜好が強く、プロフィールのページは、

自分の好き嫌いや、滋賀県にやってきた理由や思いについて、かなり細かく書いています。

事務所HPのプロフィールも、半分真面目ですが、半分はなぜか台湾の事を書いています。

 

だから事務所HPやブログの開設当初、友人からは結構キツイ意見がありました。

自己表現の方法は1つではない

多くの方が認識している税理士像があるように、ネットのプロフィール欄も、

職業柄、望まれる姿があるのかもしれません。

 

そもそも自分にとって唯一の営業ツールである、事務所HPとこのブログのプロフィールに、

暗いなど人見知りなど、ネガティブキャンペーンはよろしくないと言われた事も。

 

そして趣味の台湾の事など、はっきりいって仕事に関係ありません。

 

道路や海岸に、べたっと座った画像ではなく、税理士さんらしい、

キリッとしたスーツ姿の方がいいのでは?

腕とか組んじゃってさ!

 

と、何度も助言を受けたこともあり、悩んだこともありましたが、

僕はそれらの意見を受け入れることができませんでした。

 

だってせっかく自由に仕事するのに、大きく見せたくないし。

どう考えても、僕が腕組みしたら不自然でしょ!

 

いろいろ悩みもしましたが、最近はようやく自分のスタンスが固まりつつあります。

 

人見知りでネガティブな僕は、イケイケドンドンな営業や、人前で自分を表現する事は苦手です。

その代わりに、自分の事を文章化したり、モノやほかのツールで表現する事は、とっても好きです。

 

だから名刺だって、わざわざ自分の写真を名刺にして、本来わかりやすい読みやすい名刺を作るべきところ、

読んでもらうために、わざわざ見にくい名刺を作ってみました。

自己表現は得意な方法でいい

人は明るくハキハキしている方がいい、男は威勢がよく、声がでかく活発な方がいい、

一般的にはその方が、何かしらの成功率が高いのかもしれません。

いや、確実にそうです。

 

積極的で活発で、ポジティブオーラ全開の方が、圧倒的に優位でしょうよ。

 

でも僕はそういった自己表現が大いに苦手です。

 

だってさ、人間合う合わないはあるし、ミスマッチなものはミスマッチなんすよね。

適材適所っていいますし。。。

 

しかし、それ以外の方法で自分を表現する事が得意ですし好きです。

 

ええ、SNSはやりませんが、自分の画像がが大々的にプリントアウトされた、オリジナルのチラシ、

クリアファイルでも、封筒、コップでも、自分がオシャレだな~、と感じるツールで自分を表現する事が好きです。

ってか全然恥ずかしくないし、むしろ平気です。

 

多分僕はそういうタイプだったのです。

だからせっかくなので、僕は自分自身を商品にする事にしました。

 

ええ、滋賀県に強固な基盤がある、ザ・税理士集団にはない手法で戦ってやりましょう。

まとめ

プロフィールを充実させておくと、改めた自己紹介が不要のようです。

相手も何となく自分のスタンスをわかってくれており、ありがたい部分があります。

 

しかしプロフィールの閲覧数の割には、問い合わせが少ない事も事実です。

ええ、プロフィールをみて、「あっ、こいつ合わねーや!」っていう事もあるのでしょう。

 

いやまさか、僕の場合、それが殆どなのかもしれませんが。。。

最新の税務記事

2019.10.11適格請求書発行事業者の登録の取消し届出書の提出時期に関する注意事項

今日の言葉

何ともいえない: That depends

あけましておめでとう:Xīnnián kuàilè ピンインは新年快乐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です