台中観光グルメ阿静の潤餅。日本では味わえないガッツリ潤餅を楽しむなら阿静の潤餅。

台湾特有のお手軽にいただける屋台料理というと、

僕がまず思い浮かべるものは、潤餅です。

 

観光雑誌等では、野菜などの揚げない春巻き、クレープ巻きとしばしば紹介されています。

何でも日本の枠組みに当てはめる事は止めましょう。

 

台中で台湾料理である潤餅を楽しむなら、「阿静の潤餅」。

1本買えば、ぶっとくてボリュームたっぷりの潤餅が楽しめます。

 

↓外観です。看板がすぐ目に入ります。

 

 

阿静の潤餅 基本情報

住所は台中市中區中山路255號。

お店は台中第二市場の中山路を進み、柳川河道のすぐ側。

↓地図です。

 

店先では、こんな風に調理されています。

ザクザク切られた野菜が山盛りです。

 

オーダーを受けてから巻いてくれるので、待ち時間があります。

スクーターで買いに来ている方が多く、夕方なのに列ができていました。

 

ここはおどけず、頑張って並びます。

並ぶ前にオーダー数を伝えましょう。

中国ががわからない場合は、指さすかメモ等で、確実に本数を伝えましょう。

 

 

 

1本1本丁寧に豪快に巻いています。

上手く巻けるものなんですね。

 

かなりの野菜の量が入っている為、難しそう。。。

 

 

 

お弁当を沢山買っていく方も。。。

そいえば、台湾のお弁当って紙のお皿が多いですよね。

 

保温性は低いですが、紙のお皿は環境にも優しく、プラスチックのように、

有毒ではないので、いつも持ち帰りにはいいなあと感心しています。

 

 

オーダー

オーダーは潤餅1本です。

クレープの皮、春巻きの皮とも異なり、米粉でできた皮で巻いています。

 

だからかぶりつくと、モチっとした食感が心地いい。

1本は結構でかいです。

ぎっしり中身が詰まっていますが、さすがきっちり巻かれています。

 

朝9時から営業されているので、朝食にはピッタリ!

 

 

ナイフなどで切らず、ガッツリかぶりつきましょう。

ぎっしり中身が詰まっているから、しっかり掴んで!

 

キャベツ、白菜、人参、肉、ピーナッツ粉、パクチー等、

いろいろな食材がトッピングされています。

だから米粉の皮に合わないはずがありません。

 

ピーナッツ粉がアクセントになって、甘い感じもし、塩味も感じ、

複雑な味わいです。

それぞれの食材の相性もいい感じです。

 

揚げたり焼いたりしているわけではないので、とってもヘルシーです。

 

 

名前を忘れましたが、具材の中には適度に油分を含んだ食材があります。

だから皮が水分でクタクタにならず、具材もパサパサにならず、

全体的な味が引き締まります。

 

1本食べ終わる時には、腹が膨れてきます。

欲張って2本購入するのは止めましょう。

 

 

僕は夕方前の小腹を満たすために1本購入しました。

ボリュームがありますが、朝食にもピッタリ。

 

ホテルや宿の朝食もいいですが、潤餅と豆乳の組み合わせもたまにはいいと思います。

まとめ

阿静の潤餅は、台湾料理の潤餅を味わうのであれば、確実にオススメ。

50元前後ででかい1本を購入でき、野菜不足に陥りがちな長期旅行のミネラル補給に役立ちます。

朝食やオヤツとしてもオススメな為、台中観光では、阿静の潤餅の潤餅を楽しみましょう。

最新の税務記事

2019.10.24  継続取引の基本となる契約書の基本的な考え方と注意事項

今日の言葉

 my own uselessness : 不甲斐ない

雷:かみなり ピンインは léi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です