憧れている人を幸せにする仕事

滋賀県に引っ越してから半年が経過。

(正確にはまだ5カ月くらいだけど。。。)

 

美味しい洋食屋さんや、洋菓子屋さん、焼き菓子屋さん、珈琲のお店もいくつか見つかり、

休日はようやく楽しみが増えてきました。

 

そして月一回、自転車で45分かけて通う床屋さんが、僕の大きな楽しみです。

 

静岡いた時から、しばしばカフェやランチ、バーに1人で出かけていましたが、

そのどれもが人を幸せにできる仕事であり、自分との乖離を常に感じていました。

 

自分の仕事が、誰かを幸せにする仕事とは到底思えない事に、ずっと悩んでいました。

 

髪を切るって幸せ

毎月ほぼ同じ時期に、わざわざ自転車で45分かけ床屋に通っています。

 

引っ越し前に、どこの床屋へ行こうか探していたところ、

・1人で経営している

・予約方法は電話のみ

・自作のホームページ(自分でワードプレスやっていると何となくわかりますよね)

の3つに惚れて、転居以来、ずっと通っています。

 

髪や髭を整えてもらうのって、本当に気持ちよくて、リラックスできますよね。

毎回1時間きっかりで、リラックスしすぎて寝てしまいます。

(1人ということもあり、店内のディスプレイが個性的なんです。)

 

30歳超えたあたりから、ずっと短めで、ヘアカラーもいれず、整髪料もつけることはなく、

頭髪に関しては、ここ6年程はあまり気にしていませんでした。

 

しかし、転居して今の床屋へ通うようになってからは、

サイドを刈り上げたり、以前よりも伸ばしてみたり、毎日グロスを付けるようになったり。

 

髪形をちょっと変えただけで、毎朝鏡を見たり、髪を整える楽しみが増えました。

先週予約を入れた時には、相変わらず僕はウトウトしてしまい。

 

終わった後は必ずすっきりいい気分になるため、人を幸せにする仕事って憧れてしまいます。

食事を楽しむって幸せ

この3連休は、草津市や栗東市の田んぼにポツンとある、レストランやカフェに行きました。

1人暮らしだった時は、コース料理をオーダーする事はありませんでしたが、

2人でレストランやカフェに行くと、決まってランチコースを頼みます。

 

コース料理って、楽しいですよね。

ランチであれば、2000円程のフレンドリーな価格だし、(もちろん嫁の懐です)

 

滋賀県の季節の素材を使った前菜からメインまで堪能できるし。

メイン料理だけでなく、ちょっとした付け合わせや、メインのソースも工夫されているし。

 

また料理だけじゃなく、器やお皿、ティーカップだって、

どんな種類を使用しているのか、大いに楽しめる要素です。

 

やっぱし食事をした後は、いろいろな意味で幸せになるので、

幸福な空間を提供することができる飲食店って、立派な仕事ですよね。

 

税務ってぜんぜん幸せじゃない

髪を切った後、また食事をしてお家計を済ませた後、

僕は笑顔でお店を後にします。そりゃいい気分だから。

 

しかし、税理士事務所の勤務してから、

お客様の元から帰る時に、いい気分といえる表情を目にしたことがありません。

 

まあ、僕の力不足だといえばそれまでなのですが、

感謝されているかも?的に感じた事はあっても、幸せと思えた事は無かったかもしれません。

 

提供するサービスが異なるので、そりゃ当然なのですが、

会社員の時は、人を幸せにするとは思えない自分の仕事が大嫌いでした。

 

もしかしたら、今も嫌いなのかも。

 

商売をする事、食っていく事、誰かを養う事、社会に貢献する事、

理想論を掲げる事、情熱を燃やす事など、

それらはお互いに相性が悪い事柄なのかもしれません。

 

ただ、自分が何かしら関わる方達に対しては、

食事や髪を切った後の様な、幸せを感じていただけるよう、心がけたいと思います。

まとめ

仕事をする事と、社会貢献って、必ずしもイコールではないですよね。

今でも自分の職種の意義が、よくわからなくなることがります。

 

大企業のネジの一部である嫁からは、

「意義とは自分で形成するものだ!」

と、あたかもネジの一部らしい組織的な精神論が返答されました。

 

そして僕は悶々としながら、今月下旬にフルキャリアで友人に会いに屏東へ向かいます。

最新の税務記事

2019.11.03軽減税率導入に伴う簡易課税制度の特例とその注意事項

今日の言葉

Will you marry me?: 結婚してください

結婚する:结婚 ピンインはJiéhūn ba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です