南投観光グルメ明潭創意餐館。日月譚のほとりで財布に優しい食事なら明潭創意餐館。

台湾の中部のリゾート地といえば、日月譚。

お手軽な民宿や豪華なホテルが並び、どうせ行くなら一泊するのがおススメ。

 

しかし、リゾート地ならではの困った事は、食事をする場所が限られる事です。

なんせ観光客相手なので、強気の値段設定のお店が沢山。

 

そこで日月譚で、比較的フレンドリーな価格で食事を楽しめる所が「明潭創意餐館」

1人で食べるには量は多いですが、お財布には優しいお店です。

 

明潭創意餐館

住所は南投縣魚池鄉名勝街12號。

飲食店やお土産屋さんが多い、日月潭水社碼頭の通りです。

 

 

店内は広々しています。

観光客相手の為か、広く作られているようです。

円卓が並び、大人数を相手にするお店なのかもしれません。

 

 

円卓が並んでいるので、大人数相手のお店かもしれません。

 

メニュー オーダー

メニューです。

このブログアップして気づいたのですが、セットがあったんですね。

6品で190元、7品で200元前後なら、そんなに高くはありませんよね。

 

どうして↓のセットを注文しなかったんだろう。。。

1番の竹筒ご飯にすればよかったなあ。。。

 

 

メインの料理です。

なぜ僕は炒麺をオーダーしてしまいました。

 

街中でと比べると、やや値段は高いですが、それでも100元以下です。

竹筒飯とルーローハンもそんなに値段は高くありません。

お腹に余裕があれば、スープもオーダーしたいところです。

 

 

 

炒麺です。

台湾の食堂ではよく見かける、ザ・中華麺です。

具材は青菜と人参、きくらげと至ってシンブルですが、中華系らしい塩味です。

 

炒めた麺って、日本ではあまり食べる事がないので、

僕はよくオーダーしてしまいます。

 

ちょっと1人では量が多かったのですが、食べれない量ではありません。

 

ちょうど良い中太麺ですが、ややトロミが強かったので、

白いご飯が欲しくなります。

 

ご飯と一緒に食べたら、もっとおいしいんだろうな。

 

 

そしてお決まりの青菜です。

ガーリックが効いていて、間違いのない青菜です。

やや茎が太い目の野菜で、かなりシャキシャキした歯ごたえが。

 

かなり薄味のため、青菜独特の甘さとちょうど良い苦みが伝わります。

青菜って、塩味を抑えた方が美味しいんですね。

 

やっぱり量が多かった為、複数の人数でオーダーした方がいいかもしれません。

 

 

台湾でいただく炒麺も青菜は、コショウの味があまり強くない為、

素材の味が素直に伝わってきます。

 

お店によってい味に個性が表れるため、

初めて訪問するお店では、青菜の注文は欠かせません。

まとめ

日月譚周辺はリゾート地の為、レストランは大人数相手の店が多く、

価格もそれなりのお店が並んでいます。

 

明潭創意餐館は、比較的フレンドリーな価格で、1人でも入りやすい為、

日月譚へ1人旅をした時は、ランチ時にはおススメです。

最新の税務記事

2019.11.07 初めての確定申告は必ず手書きで申告書を作成しよう

 

今日の言葉

Will you marry me?: 結婚してください

結婚する:结婚 ピンインはJiéhūn ba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です